ビットコインは5万ドルを超える

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

米司法省は全国規模の仮想通貨執行チームを設立

司法省は、「国家仮想通貨執行チーム」を設立しました。米国の法執行機関と規制当局は、違法なビットコイン取引を中断させる方法を模索しており、これを受けて設立に至りました。

司法省のLisa Monaco副長官によると、国家仮想通貨執行チームは、仮想通貨犯罪を追求し、犯罪による収益の移転防止を図るとのことです。

 

同氏によると、この新しい取り組みは、犯罪者が仮想通貨プラットフォームを悪用し、ゆえに利益を得ることが可能となる金融機関を解体するためにも作用するといいます。また、同チームの執行により、この能力は更に強化されるだろうと指摘しています。

 

いわゆる「ミキサー」や「タンブラー」など、通貨の出所や所有者の匿名性の向上などのために設計された手法を用いることによって、通貨を指定されたアドレスに送信する際の手数料を顧客に請求することがあります。これも同チームの捜査の範疇に含まれるとのことです。

 

司法省刑事局のマネーロンダリング・資産回収部門、コンピュータ犯罪・知的財産部門、および全米の連邦検事局の実績が生かされるでしょう。

 

バイデン政権は今月、ランサムウェア攻撃に加担したとされるロシア系の仮想通貨取引所に対し、制裁を課しました。マルウェアの一種であるランサムウェアの重要な利益源を封じることで、今後、サイバー脅威となるランサムウェア攻撃を防止するための制裁に踏み切ったと考えられます。

 

米司法省によると、「Helix」という名のビットコイン「ミキサー」の所有者であるラリー・ディーン・ハーモン氏は、8月にマネーロンダリングの共同謀議の罪を認めました。マネーロンダリング防止規制に違反した疑いで、米財務省傘下の金融犯罪執行ネットワークから6,000万ドルのペナルティを受けました。

 

ビットコインは5万ドルを超える

先月、中国は仮想通貨の取引を全面的に禁止し、米国の金融監視当局は大手仮想通貨取引所を調査しました。夏の間は、暴落と規制の強化が続きましたが、ビットコインは着実に過去の高値を回復しています。エルサルバドルが9月初めにビットコインを法定通貨にして以来、価格は最高値まで上昇しました。ニューヨーク市場では、ビットコインは2.8%上昇し、5万ドルを突破しました。価格は7月の安値から、60%以上の上昇となっています。

 

新たに発行されたバンク・オブ・アメリカのレポートによると、仮想通貨のあらゆる論争があるにもかかわらず、ウォール街においては、仮想通貨に対する熱意が高まっているように感じられる、としています。Alkesh Shah氏やAndrew Moss氏などのストラテジストは、「デジタル資産の世界は、無視できないほど大きい」と執筆しています。

 

本レポートは、「時間の問題と思われる規制の強化が長期的には仮想通貨にとってプラスになる」という切り口で展開していると見られます。ルールが確立されれば、仮想通貨の不確実性が解消されるだろうとストラテジストは指摘しています。

 

価格動向について、Arcane Research社のレポートによると、ビットコインは2つの重要なレジスタンスラインを突破しました。2ヶ月間続いたコンソリデーションゾーン(レンジの状態を示すテクニカルターム)の上端で取引されています。一時は4万5,000ドル前後で推移していましたが、最終的にはブレイクアウトしました。4万6,000ドルから4万8,000ドルのレンジは強固なサポートレベルであり、ビットコインはこのレンジで長期間売買される可能性が高いです。

 

FairLead社のマネージング・パートナー兼創設者であるKatie Stockton氏は、「仮想通貨が4月に記録した史上最高値の65,000ドル付近に到達する日が近いのではないか」と文書に記録しています。「私たちは、短期的な買われすぎの状態が、52.9ドル付近のレジスタンスを突破するために長く続くと予想しており、それを上抜けば史上最高値を目指すことになるでしょう」と彼女は述べています。

 

Grayscale Investments社のCEOであるMichael Sonnenshein氏は、ブルームバーグ・インベスト・グローバル会議のインタビューで、「ビットコイン価格は、最近でもかなり大きく変動しています。価格の下落が見られた場合、それはチャンスであり、投資家はその下落を買いに動く兆候と考えるでしょう」と述べました。

 

また、Soros Fund Management 合同会社のCEO兼最高投資責任者であるDawn Fitzpatrick氏もこの会議に参加しました。彼女は、同社が相当量の仮想通貨を保有していると述べ、仮想通貨が「主流になってきた」と指摘しました。

 

仮想通貨にとって最も強気な時期となる年末に向けて、期待通りのニュースとなりました。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事