公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ICOの現状

ICOとは、inicial coin offerringの略のことで、独自トークンを発行して、投資家に付与することで資金調達することです。これまでのIPOや融資、ベンチャーキャピタルからの出資などの従来の資金調達とは異なる、新しい資金調達方法として注目されています。

 

ICOについては、【ICOとは?メリット、デメリット、IPOとの違い、参加時の注意点】に詳しくまとめてありますので、さらに詳しく知りたい方は、参考にしていただければと思います。

 

 

しかし、現状のICOは詐欺であることも多く、運営チームが調達した資金を持ち逃げしてしまうケースもあり、投資家保護が必要であるという指摘もされてきました。

 

こうした現状があるため、金融庁は2017年10月にICOに対する注意喚起を行い、2月にはICOの勧誘をしていたブロックチェーンラボに対して警告を出しましたが、今後さらなる対策に乗り出すとされています。

 

金融庁がICOを監視、法案改正も検討

金融庁はICOへの監視を強化し、関連法案の改正も検討していることが判明しました。現在、明確にICOについて定めた法律はなく、「改正資金決済法」などを参考に、ICOの違法性の判断をするしかない状況になっています。

 

スイス金融機関FINMAがICOを健全推進するためのガイドラインを作成するなど、世界的にもICO健全化に向けた動きが加速しており、国内でも違法性のあるICOへの規制が強化されていくでしょう。

 

各国の仮想通貨やICOへの規制状況については、【各国の仮想通貨・ICOへの規制状況まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事