英国規制当局はインフルエンサーなど著名人による仮想通貨の宣伝を危険視している

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

英国の規制当局は著名人による仮想通貨のプロモーションを非難

今回は、英国の規制当局が著名人による仮想通貨のプロモーションを抑制しようとしている話題についてお伝えします。

 

英国の規制当局によると、キム・カーダシアン氏を例に挙げ、有名人が自身にとって馴染みのない仮想通貨を宣伝することは、投資家を危険に晒す事になると注意を呼びかけています。また、英国の金融行動監視機構(FCA)の議長は、ネット上のインフルエンサーが頻繁に仮想通貨スキームを提唱し、無名のトークンを宣伝することで個人投資家を危険にさらしていると考えているようです。

 

6月カーダシアン氏は、自身のインスタグラムで2億人を超えるフォロワーに向けて、知名度の高くない仮想通貨の1つであるEthereumMaxを宣伝しました。FCAの議長は、仮想通貨を規制することの難しさについて、以下のようにスピーチで述べました。

 

「カーダシアン氏の投稿は多数の人々に閲覧され、仮想通貨のプロモーションとして大きな役割を果たしただろう。これによってコインの購入へ導かれた投資家がいるとするならば、有名インフルエンサーによる詐欺の典型例とも言えるだろう。」

 

FCAの責任者は、規制当局が仮想通貨業界に対してより広範な権限を持つべきだと述べました。欺瞞的な仮想通貨の広告や、規制対象となっている金融機関において、未だ規制されていない仮想通貨を取引することにより生じるリスクなどに焦点を当てて指摘しています。

 

パリス・ヒルトン氏やDJキャレド氏などの著名人も、仮想通貨プロジェクトを支持しています。一部の規制当局は、詐欺師がインフルエンサーに報酬を支払い、新しいコインが広く流通するように広告塔として悪用するというスキームが、日常的に行われていると主張しています。

 

法律の抜け穴を規制するために、規制当局は仮想通貨の詐欺やマーケティングについて引き続き調査していくでしょう。

 

エルサルバドルが同国のビットコイン保有量を発表

エルサルバドルの大統領であるネイブ・ブケレ氏の発表によって、同国が400枚のビットコインを所有していることが明らかになった件について、ロイター通信は報道しています。これは、同国が米ドルと並ぶ合法的な貨幣としてビットコインを法的に認めた日の1日前における保有量となります。Refinitiv Eikonのデータによると、ビットコインは月曜日の夕方に一時的に1.49%上昇し、52,680ドルに達しました。

 

ブケレ大統領は月曜日の初めに、エルサルバドルが200ビットコインを購入したことを発表しました。また、「期限が近づくにつれ、我々のブローカーはもっとたくさんのビットコインを購入するだろう 」とTwitter上に付け加えました。そしてその日のうちに、「我々は現在400ビットコインを持っている」と表明しました。

 

エルサルバドルは、9月7日にビットコインを合法化する予定です。これにより、海外在住のエルサルバドル人は、本国への送金にかかる数百万ドルの手数料を節約できるといいます。

 

しかし、一部のエルサルバドル人は仮想通貨のボラティリティを恐れており、ビットコイン導入への懐疑論も根強くなっています。反対派は、金融機関に法的・財政的な懸念を与える可能性があると考えています。

 

夏に発表された、エルサルバトルのビットコイン法定通貨化に関する報道は業界全体に衝撃を与え、わずか10年間で仮想通貨の技術がどれだけ進歩したのかと、多くの人が感銘を受けたでしょう。もちろん、様々な反応がありますが。

 

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事