4年ぶりのビットコインアップグレード「Taproot」とは?-Overbit Insights

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

4年ぶりのビットコインアップグレード「Taproot」とは?

いつもはマーケット関連のニュースが中心ですが、本日は技術関連のニュースをご紹介します。

 

世界中のマイナーは、4年ぶりとなるビットコインアップデート「Taproot」を承認しました。

 

2017年のビットコインのアップグレードでは、ビットコインコミュニティ内のイデオロギーの違いから大きな混乱を招き、「最後の内戦」と呼ばれました。一方、今回のアップグレード「Taproot」は、ほぼ満場一致の支持を得ています。

 

仮想通貨市場では業界用語が氾濫しており、特にその技術的な側面であるアップグレードの全容を解読することは非常に難しいですが、今回の大幅なアップグレードの背景について、簡潔に言えば、「新タイプの署名方法に係るサポートを追加することで、ビットコインのブロックチェーン上において、より高い柔軟性とプライバシーを確保することができる」という内容でしょう。言い換えれば、ビットコインアップグレードTaprootは、コードを一般的に漸次強化させることで、ビットコインのブロックチェーンをよりプログラム可能にすることを目的としています。

 

デジタル資産テクノロジー企業Marathon Digital Holdings(マラソン・デジタル・ホールディングス)のCEOであるFred Thielは、「Taprootにとって最も重要なのは、スマートコントラクトです。スマートコントラクトは、すでにイーサリアムネットワークにおけるイノベーションの原動力となっています。スマートコントラクトは基本的に、ブロックチェーン上でアプリケーションやビジネスを構築する機会を与えてくれます。」と語りました。

 

また、ビットコインに特化したベンチャー企業Stillmark(スティルマーク)の創業者兼マネージングパートナーのAlyse Killeen氏は、「Taprootは、ビットコインの実用性の拡大に関心を持っている起業家に対して幅広い業務の機会を提供する点で重要です。」と述べています。

 

ビットコインのブロックチェーン上にスマートコントラクトを作成するプログラマーが増えるにつれて、ビットコインの存在感は、DeFi(分散型金融)の領域においてより高まっていくでしょう。

 

ネットワーク全体でこのアップデートが実施されるのは11月の見込みであり、Taprootの実装前の現段階から、ビットコインプラットファームのDefi領域における構築と発展に資するビットコイン開発者たちの活躍が大いに期待されます。

量子コンピュータの脅威

圧倒的な計算処理能力を有する量子コンピューターはまだ開発途上ながらも、政府をはじめ、マイクロソフトやグーグルなどのあらゆる民間団体がその実現を目指しています。

 

量子コンピューターは、従来のコンピューターに比べ数百万倍の処理能力を有すると言われています。もしかしたら10年足らずで、携帯電話や銀行口座、電子メールアドレス、そして、ビットコインウォレットなどを保護するための暗号化セキュリティをも崩壊してしまうほど強力になるかもしれません。

 

デジタル資産テクノロジー企業Marathon Digital HoldingsのCEOであるFred Thielは、「これは空想上の話ですが、もしあなたが量子コンピュータを所持していたとして、その性能に対して中国などの国家スポンサーを獲得したとすると、あなたのハッキング能力は、およそ8年以内にブロックチェーン上の仮想通貨ウォレットを解読することができるまでに変貌しているでしょう。」と述べています。

 

現在、世界の多くの国で非対称暗号方式が採用されています。これは、個人が秘密鍵と公開鍵のペアによってデータの復号化や暗号化を行い、電子メールや仮想通貨ウォレットなどのサービスにアクセスする時に使われます。

 

Fred Thiel氏は、欧州有数の暗号化を事業とする企業Utimaco社の元取締役でもあり、マイクロソフト社やグーグル社などと共に、ポスト量子暗号の研究を行っていました。同氏は、「全ての金融機関、携帯電話での全てのログインなどはみな、画一的に非対称暗号方式に基づいているため、量子コンピュータの進化によって、ハッキングの対象となる可能性があるでしょう。」と指摘しています。

 

また、公開鍵と秘密鍵のペアにより、ユーザーは秘密鍵を使ってデジタル署名を生成することが可能です。また誰もが、秘密鍵に対応する公開鍵を使用して、その署名を検証することができます。

 

このデジタル署名の方式は、ビットコインなどの仮想通貨においては、「楕円曲線デジタル署名アルゴリズム」として知られています。このアルゴリズムは、正当なビットコイン所有者がその所有量だけ使用できることを保証します。

 

しかし、このアルゴリズムを搭載しても、ビットコインウォレットを空にされる不安は拭えません。理論的には、量子コンピューターを使えば、誰かがあなたの秘密鍵をリバースエンジニアリングし、デジタル署名を偽造することで、ハッキングが可能となります。

 

独Utimaco社の元CTOであり、量子計算の分野でトップエキスパートの一人であるThorsten Groetker(トルステン・グルツカー)氏は、「不安感を煽っていることを悪く思わないでほしい。量子コンピュータの出現によって、一番はじめに標的にされるデジタル署名の種類は、現在ビットコインウォレットに使用されている楕円曲線デジタルアルゴリズムだろう。」と述べています。

 

量子コンピュータによる被害が数年、数十年先の話だとして楽観してはなりません。これは、ビットコインとアルトコインが直面している本質的な脅威のたった一例に過ぎないのです。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事