マイナーの大移動により米国がマイニングの聖地になりつつある現状

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

米国はいかにしてビットコインマイニング大国になったのか

米国における、ビットコインマイニングの新たな役割の拡大について紹介します。

 

中国のビットコイン規制の一環として規制当局がビットコインマイナーの追放を行ったことは、大きな話題となりました。ケンブリッジ大学の統計によると、大挙して脱出したマイナーの行き先は米国だと考えられる、とのことです。

 

米国は元々、世界第2位の採掘地でした。2021年4月の時点では、全ビットコインマイナーの約17%が、米国でマイニングに従事していました。

 

これは、2020年9月に比べて151%の増加となります。これに関して、北米拠点のマイニング企業ブロックキャップ社と米国ブロックチェーン企業コア・サイエンティフィック社の創業者であるDarin Feinstein氏は、このように述べています。

 

「この1年半、米国ではマイニングインフラが本格的に成長しています。主に北米に向かうマイニング事業が大幅に増加していることが分かりました。」

 

中国でマイニングが禁止となりましたが、中国を拠点としていたマイナーは、一時最大で全世界のマイナーの総数の半数を占めていました。マイニング場所の大規模な移動を強いられたマイナーは、主に中国から米国に向かいました。そして、まだ移動完了していないマイニング装置もあると考えられます。

 

したがって、マイナーの半数どころかはるかに高い割合が、今後米国でマイニングする可能性が高いといえるでしょう。実際、あるアナリストはCNBCに対して、米国のマイニングシェアは、統計よりもはるかに多いことを指摘しています。

 

最近発表されたケンブリッジ大学のデータによると、中国の取締りが始まる直前、世界の総ハッシュレートの46%を中国が占めていました。これは、2019年9月の75.5%から大幅に減少しており、現在マイナーが流出している状況を鑑みれば、この数字は今後大幅に減少することが予想されます。

 

デジタル資産テクノロジー企業であるマラソン・デジタル・ホールディングスのフレッド・ティール氏はこのように述べています。

 

「50万台あったかつてのマイニング機材が、米国での居場所を探している。それらが北米に配備されれば、2022年末までに、世界のハッシュレートの40%近くを占めることになります。」

 

マイニングの新たなメッカになりつつあるアメリカは、何年も前から粛々とホスティング能力を高めてきました。

 

米国企業は常々、マイニングの十分なインフラが整えられてビットコインのマイナーがこぞって米国にやってこれば、いずれは米国はマイニングの聖地として繁盛するだろう、と賭けていました。その賭けが功を奏したようです。

スクエア社は新たな分散型金融サービスを提供

米大手決済のスクエア社は、数ヶ月前から仮想通貨市場、特にビットコイン市場で話題になっています。

 

2020年の後半、ビットコインを大量に購入し、数千万ドルを仮想通貨に交換したことが貸借対照表上で明らかになりました。仮想通貨の資産保有額でスクエア社を上回っている米国上場企業は、マイクロストラテジーだけです。

 

ブロックチェーンプラットフォームへの参入と同時期に、スクエア社は、スクエア・クリプト(Square Crypto)という独立した部門を発表していました。この部門は、仮想通貨分野での新しいプロジェクトや新規事業への資金の提供をしています。

 

また、スクエア社の既存のモバイル決済・送金アプリであるCashAppは、依然として、ビットコインを中心としたオンラインペイメントの代表格の地位を保っています。

 

話題はそれだけに留まりません。ツイッターとスクエア社の代表であるジャック・ドーシー氏は最近、スクエア社が、分散型金融サービスをビットコイン上で提供することを目的とした新事業を立ち上げる計画を発表しました。

 

要するに、DeFi向けサービスの開発に参入するということです。多くの企業とは異なり、ビットコインファーストのアプローチをとっていくようです。

 

同様の目的で立ち上げられたDeFiプロジェクトは確かに他にもあります。しかし、スクエア社の、これまでの大規模な金融商品サービスやその功績に対して、疑いの目を向ける人はほとんどいないでしょう。同サービスの今後の動向に目が離せません。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事