【仮想通貨規制ニュース】イギリス政府が仮想通貨の対策委員会を設置!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

イギリス政府が仮想通貨の対策委員会を発足!規制を検討か

2018年3月22日にイギリスの財務省フィリップ・ハモンド財務相は、第2回国際フィンテック会議で「財務省に加えて、イングランド銀行と金融行政機関を含む対策委員会の設置」を発表する予定です。

 

委員会は仮想通貨など、フィンテック領域における最先端テクノロジートレンドに対するイニシアチブをとることを目的にしています。

 

今回の発表は、大規模なフィンテック領域におけるイギリス政府の一部と言われていますが、同氏は「イギリスが仮想通貨のリスクを管理し、将来の基幹技術となりうる技術の潜在利益を最大化する一助となるだろう」と述べています。

 

また、同氏は仮想通貨以外の広範にわたるフィンテック領域で、いくつかの他の措置を発表する予定であると見られています。

イギリス政府の仮想通貨に対する規制・発言

イギリス政府・首脳のこれまでの動き・発言としては、イギリスのテレサ・メイ首相が、1月の世界経済フォーラムで「暗号通貨が犯罪使用されること」に関して懸念を述べ、これに同調するように、同イベントで英国財相は「仮想通貨の規制」を求めるなど、規制に積極的な姿勢を見せていました。

 

イングランド銀行のマーク・カーニー(Mark Carney)知事は、スコット・エコノミクス会議でのスピーチの中で、3月初旬に同様の訴えを行なうなど、イギリスは仮想通貨の規制に積極的と見られますが、今後イギリス政府の動きは大きくなると思われるので、注視が必要です。

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事