自称ビットコイン発案者が主張する500億ドル相当のビットコイン所有をフロリダ州の陪審員が認める

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

自称ビットコイン発案者が主張する500億ドル相当のビットコイン所有をフロリダ州の陪審員が認める

自称「ビットコインの生みの親」で起業家クレイグ・ライト(Craig Wright)氏と、その元ビジネスパートナーであった故デイブ・クレイマン(Craig Wright)氏の兄弟アイラ・クライマン(Craig Wright)氏が争っている裁判についてご紹介します。アイラ・クライマン氏は、ライト氏が所有する500億ドル相当のビットコイン資産の半分を引き渡すよう請求していましたが、裁判所は、デイブ・クレイマン氏の兄弟であるアイラ・クライマン氏側に引き渡す必要はない考えを示しました。

 

謎に満ちたコンピューターサイエンティスト、そしてビットコイン発案者である「サトシ・ナカモト」を自ら名乗るライト氏は、元ビジネスパートナーのデイブ・クレイマン氏と共に「W&K Information Defense Research」という企業を立ち上げました。しかし、この会社から不確かに流出した知的財産権があるとされ、ライト氏は1億ドルをアイラ・クライマン氏に支払うよう命じられていました。しかしW&K側は、極めて重要な知的財産を所有していることを理由に拒否していました。その知的財産とは、つまり、ビットコインそのものでする。

 

ビットコイン・ブロックチェーンでマイニングが安価で容易にできた初期、一般的な見解として「サトシ・ナカモト」は、 110万BTCをマイニングしたと推測されています。もしライト氏が知的財産たるビットコインを真に支配しているのであれば、(理論的には)大量のブロックチェーンを支配することができると指摘されています。例えば、ライトコインビットコインキャッシュをはじめとする多くのブロックチェーンは、ビットコインネットワークをコアとして「フォーク」したネットワークです。

 

今回の裁判では、「誰がビットコインの真の創設者であるか」については議論されませんでした。元ビジネスパートナーで故人となったデイブ・クレイマン氏が、「W&K」と呼ばれる企業でライト氏と共にビットコイン発明やマイニングを行い、ソフトウェアなどの知的財産の開発に寄与したのかと、クライマン氏側が主張する懲罰的損害賠償請求が認められるかが争点となりました。裁判では、ライト氏の身元については証明せず、ライト氏が「サトシ・ナカモト」氏であると法的に擬制して訴訟審理が進められました。ライト氏は、自分の秘密鍵は、秘密情報であるパスワードを複数のグループに分割する手法である「シャミアの秘密分散法」によって暗号化されており、そのすべてを知っているわけではないと主張しました。またライト氏は、2020年1月1日にパスワード情報が「保税運送(bonded courier)」によって届けられると主張していましたが、到着しなかったといいます。「保税運送」の期限が過ぎて、裁判は、この受け入れ難い主張を十分に説得できるだけの証拠は伴わないだろうという予想通りに進行しました。

 

ビットコインは暴落後初の週末で5万ドルを下回る

本稿執筆時点の週末の取引で、ビットコインは未だ5万ドルを下回りました。週末の初め、ビットコインは5万ドルの大台を取り戻そうとしましたが、そこから2%以上下落しました。土曜日、価格は43,000ドル前後まで、金曜日早朝の57,000ドルから一気に急落しました。金曜日に金融市場全体でリスクオフの姿勢が取られたことで、ビットコインも急落しました。

 

金曜日、オミクロン株の猛威が経済回復に与える影響を懸念して、3つの主要な銘柄の平均はすべて赤字となり、週単位での損失となりました。この懸念に伴う売り圧は、当然ながら仮想通貨市場全体に波及しました。しかし、仮想通貨市場の全域的な急落の他の原因は特定されませんでした。Miller Tabak社の株式のストラテジストであるMatt Maley氏は、以下の様に指摘しています。

 

「仮想通貨を担保とするローンで、貸し手が借り手に追加の担保を要求する「マージンコール」を投資家の誰かが受けたことにより、昨日は「強制的に売られた」可能性が高いようだ。今回の暴落は下落の兆候ではなく、単なる異常な事故だろう。一般的に、週末のビットコイン市場は相場が弱いため、下落を悪化させた可能性が高い。」

 

いずれにせよ、強い売り圧によってビットコインの価格ロスは広がりました。直近を振り返ってみると、11月26日にビットコインは7週間ぶりの安値である約54,000ドルまで下落し、正式にベア・マーケットに突入したとみなされました。同氏は、日曜日にビットコインが記録した50,000ドル付近は、7月の安値から引かれたトレンドラインの下にあるため、現在のレベルが重要であることを重ねて指摘しています。

 

市場の状況に関わらず、仮想通貨市場のグローバルな環境は毎月成長しています。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事