Overbit Insights20200920

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

欧州委員会が仮想通貨とデジタル資産の市場を規制及び促進するための新しい法的フレームワークを導入する計画を発表

最近のOverbit Researchでは、各国政府の仮想通貨に対する対応を取り上げてきています。

 

肯定派と否定派がいるために絶え間ない議論が続けられているからで、それはこの仮想通貨・ブロックチェーン業界にいる私達にとって切っても切り離せない議題です。

 

今回の初めのトピックは先日行われた欧州委員会の発表を取り上げます。

 

欧州委員会は、先日、仮想通貨とデジタル資産の市場を規制及び促進するための新しい法的フレームワークを導入する計画を発表しました。

 

この新しいフレームワークは2024年まで、おそらくより具体的な法的基盤が築かれるまで続くでしょう。

 

欧州委員会が発表した2つの文書によると、ブロックチェーンとステーブルコインを利用し、クロスボーダーでの支払いをより利用しやすく、より安価にする計画です。

 

さらにこのフレームワークはビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどの仮想通貨で行われる支払いも合法化することを目指しています。

 

この新規制の最も注目すべき点は「インスタントペイメント(即時支払い)」を中心としたものです。

 

かんたんに言えば、EUはVisaやMastercardなどの米国に拠点を置く企業に依存しない、別の支払いシステムを構築しようとしています。

 

このフレームワークが最終的にどのように展開されるのかは、時間の経過とともに明らかになっていきますが、EUが仮想通貨の時代の波に乗ろうとしていると言えるでしょう。

 

そして、何年もこの分野に身をおいてきた私達としては、一つはっきりと言えます。
仮想通貨の時代の波は国の規制や制度を待ってはくれない。

UniSwapの独自トークンUNI発行によりイーサリアムネットワーク手数料が倍増

次に、イーサリアムネットワークを見てみましょう。

 

DeFiの利用が急増しているため、イーサリアムネットワークの手数料が先週だけで2倍になっています。

 

イーサリアムの手数料が過去最高を記録し、2ドルを下回ることはありませんでした。

 

イーサリアムの手数料はネットワークの利用状況と密接に関係しています。

 

ユーザーが取引を送信したり、スマートコントラクトとやり取りをしようとする需要が増えると、そのやり取りを実行するコストも増大します。

 

イーサリアム、特にDeFiへの関心が高まっていることは明らかです。

 

他の統計も同じ結論を示しています。

 

イーサリアムブロックチェーンハッシュレートも2018年以降、見たことのないレベルまで上昇しています。

 

これらのことからイーサリアムは大きく上昇していると考えられます。

 

この最近の手数料の倍増は、UniSwapが独自のトークンであるUNIをリリースしたことによる結果のようです。

 

UniSwapはDeFiのリーダーであり、中央集権型の台帳を持つのではなく、世界中の何百万人ものユーザーが流動性を提供する分散型取引所として機能しています。

 

今回のローンチでは、2020年9月1日以前にUniSwapを利用したことがある人には、数百ドル分のUNIトークンが付与され、場合によっては1,000ドル以上を受け取ったケースもあるといいます。

 

仮想通貨業界では「エアドロップ」と呼ばれるように、何百万人がこのエアドロップを手に入れ、売却しようと群がったため、トランザクションがの雪崩をひきおこしました。

 

UNIのリリースは間違いなく1回限りのイベントですが、イーサリアムへの関心が急速に高まっていることは明らかです。

 

価格にはこの事実は反映されていませんが、多くのユーザーが仮想通貨の価値に気づくのも時間の問題でしょう。

金市場の今後

最後に、伝統的な市場、特に金市場について見ていきましょう。

 

チャートを見ると、XAU/USDに圧力がかかっていることがわかります。

 

価格は上向きに伸びましたが、毎月の8月の終値を破ることはできませんでした。

 

ブル(強気)はこのレベルでは失敗しましたが、50日移動平均線を守っているため、今後も上昇が続くことを示唆しています。

 

これまで長々とお話してきたトピックの中で、すべての市場は主にパンデミック主導の世界での財務状況のせいで、明らかに米ドルに関連付けられています。

 

とはいえ、流動性が悪化した場合、金の低迷が続く可能性があります。

 

FRB(米国連邦準備制度理事会)のジェローム・パウエル議長が9月のFOMC(連邦公開市場委員会)で市況について語ったとき、そのようにも見えました。

 

いずれにしても、XAU/USDには両方向から圧力がかかっています。

 

そして、2020年の大部分のトレンドとして、米ドルがこの動きの最前線に立つことになりそうです。

 

このマネーゲームの一歩先を行きたい方は、Overbit.comのチェックをお忘れなく。

 

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事