公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在対象者全員に2,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



コインチェックが資本提携を検討!

2018年4月3日追記:マネックスグループがコインチェックに買収案を提示したことが判明しました。

 

 

1月26日に不正アクセスによって仮想通貨NEMを580億円分流出した仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」を運営するコインチェック社が他社との資本提携を検討していることが判明しました。

 

コインチェックは「流出したNEM保有者への補償」を発表し、仮想通貨交換事業者として事業継続の意志を表明しているため、事業継続に向けて社内体制の立て直しを模索し、外部資本注入や他社の傘下入りや役員派遣などを検討していて、金融庁も後押ししているようです。

コインチェックが他社との資本提携を目論む背景

コインチェックは、金融庁が公式に「仮想通貨交換事業者」として認定している事業者ではなく、暫定的に業務を認めている「みなし業者」の立場で事業を運営していました。そんな状況下で、仮想通貨流出事件を発生し、金融庁からの業務改善命令を受けています。

 

金融庁は、2月13日の期限前にコインチェックへの立ち入り検査を行なうなど、コインチェック側の説明が不明瞭な点が多く、不信感を持っていると言われています。

 

こういった背景からコインチェックとしては、今後も「仮想通貨交換事業者」として事業継続を認めてもらうために他社との提携を検討している模様です。実際に、コインチェックの大塚雄介取締役は他社との資本提携に関して、「検討中のものもあるので、答えることはできない」と報道陣の取材に対して回答しています。

 

資本提携先は同業を展開する「Zaif(ザイフ)」を運営するテックビューロやbitFlyer社ではなく、商社や金融機関が濃厚だと言われているようです。今後のコインチェックの動向に目が離せません。

 

コインチェックの関連ニュース一覧
日付ニュース
1月26日2018年1月26日、コインチェック(Coincheck)の一連の騒動まとめ
1月28日【速報】コインチェックの補償方針が決定!不正送金されたNEMを日本円で返金!
1月29日金融庁、コインチェック(Coincheck)に対して業務改善命令を発表!
2月13日2月13日のコインチェックの記者会見内容まとめ
コインチェック(Coincheck)の登録で分からないことがあったら【コインチェック(Coincheck)口座開設、登録、本人確認方法】を参考にしてください。
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット 口座開設

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事