GameCreditsが3月のGDCで複数のアップデートを発表予定!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

3月のGDCでGameCreditsがいくつかのアップデートを発表!

アメリカ、サンフランシスコで2018年3月21日から3日間のあいだ開催されるゲーム開発イベント「GDC(Game Developers Conference)」でGameCredits(ゲームクレジット)が複数の情報アップデートを発表する方針であることをインタビュー動画が公表しています。

 

GameCreditsの詳しいアップデートの内容は分かりませんが、イベント期間3日間のどこかで発表される予定ということが分かりました。GDC(Game Developers Conference)は、1988年から開催されていて、今年で30年の歴史になるゲーム開発者向けのイベントで、世界各国のゲーム開発者が一同に会する一大イベントです。

 

GDCでは、一般的に新作ゲームの展示やチュートリアル、ゲーム業界人によるプログラミング、デザイン、製品、ビジネス、グラフィックを含むゲーム関連の話題に関するカンファレンスや討論が行われます。過去にはWiiの発表が行なわたことで話題になりました。

 

GameCredits(ゲームクレジット)は、アメリカのサンフランシスコに拠点を構えるGameCredits.Incの開発しているブロックチェーンを利用したゲームプラットフォームです。

 

GAMEという仮想通貨を利用することで、金銭が発生するやり取りの際に、プレイヤーと開発者間(ゲーム会社)のP2Pのやりとり(直接のやりとり)を可能にすることを目指しています。

 

例えば、スマホゲームでいうと、「App Store」や「Google Play」を介して課金することで、「課金した金額の30%」をプラットフォーマーに支払うことになりますが、GameCreditではこの仲介手数料が低くなるため、中小のデベロッパーでも収益性を大きく向上することが出来ると言われています。

 

発表されるアップデートの内容次第ですが、GAMEの価格が大きく高騰する可能性は大いにあります。

 

また、GameCredits以外にもゲーム領域の仮想通貨は多く存在しています。なかでも注目なのは、【WAXトークン】です。

 

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事