サムスン電子がASICチップを製造開始か!Bitmain社の大きな脅威に!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

サムスン電子がマイニング用のASICチップを製造開始か

韓国の報道機関によると、サムスン電子は中国のマイニング会社と提携して、マイニングに特化したASICチップの製造を開始するそうです。サムスンは今月中にもASICチップの大量生産を開始し、中国企業による販売が予定されています。

 

ASICとは、「Application Supecific Integrated Circuit」の略のことであり、特定の用途専用の集積回路のことです。ビットコインのマイニングは、POW(Proof of Work)というアルゴリズムが採用されており、最も早く計算を解いたマイナーにのみ報酬が与えられる仕組みになっています。

 

当初は個人のPCでもマイニング報酬を獲得するチャンスがありましたが、現在はビットコインのマイニングに特化したASICを利用しないと、マイニング報酬を獲得することが非常に難しく、マイニング用のASICは非常に大きな需要があります。

 

また、12月にも、サムスンはロシアのマイニング会社と提携をしたとの報告されており、1月中にそちらの生産も開始される予定になっています。サムスンは2017年の営業利益の60%以上をチップ製品が占めており、マイニング用のASICチップの生産が開始されることにより、さらにチップ製品での利益が膨らむと考えられています。

Bitmain社の大きな脅威になるか

現在、中国のマイニング企業であり、ジハン・ウー氏がCEOを務めるBitmain社が、市場シェアの70%以上を獲得していると言われていますが、世界的な大企業サムスンの参入により、同社の大きな脅威になると想定されています。

 

1社がほぼ市場を独占している状態が変化するのか動向には注意が必要です。

 

Samsung Is Now Building Bitcoin Mining Chips, Report Says

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事