Baby Filecoinの特徴・詳細|仕組みと購入方法を解説!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
日本国内では新興の取引所ですが、グローバルでは世界三大暗号資産(仮想通貨)取引所の一つで、信頼性が高い取引所です。IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!

Baby Filecoinは、Filecoin初となるリフレクショントークン「BFT」の保有者に対して、「Filecoin(FIL)」を報酬として自動配布するBabyCake(BABYCAKE)からインスパイアを受けた暗号資産(仮想通貨)プロジェクトです。

 

報酬として受け取ることができる仮想通貨ファイルコイン(Filecoin / FIL)も、2020年にメインネットローンチと共に、Binance(バイナンス)やHuobi(フォビ)、Coinbase(コインベース)などの世界の主要な仮想通貨取引所に上場を果たしていることや、今後のビッグデター市場で必要不可欠な存在になりつつあります。

 

今回は、リフレクショントークン「BFT」保有するだけで「FIL」を受け取れるBaby Filecoinの詳細を加しく解説していきます!

Baby Filecoinの特徴・詳細とは?仕組みを解説!

Baby Filecoinは、BCS(Binance Smart Chain)上で発行されるFilecoin初となるリフレクショントークン「BFT」を発行するプロジェクトです。プロジェクトの基盤となる自動報酬配布システムは、その文字通り、リフレクショントークン「BFT」を保有するだけで報酬として仮想通貨が自動的に個人ウォレットに配布されるため、ユーザーの操作としては「BFT」を保有するだけという簡単な操作のみとなります。

 

既にBFTはBSC上で発行されており、主要DEX(分散型取引所)PancakeSwap(パンケーキスワップ)で購入することができます。Baby Filecoinの詳細は以下の通りです。

プロジェクト名Baby Filecoin
ティッカーシンボルBFT
対応チェーンBSC(Binance Smart Chain)
公式サイトhttps://babyfile-ipfs.com/
推奨ウォレットMetaMask(メタマスク)
コントラクトアドレス0x660C6804B521DB531ffBE68deB888f5E54bE40C4
発行枚数1,000,000,000 BFT

BabyFilecoinの4つの特徴

BabyFilecoinには、BFTを保有することでFILが自動配布されるメイン機能の他にも、いくつもの特徴があります。

BabyFilecoinの4つの特徴
1、BFTを保有するだけでFILが自動配布
2、流動性のロック&流動性の自動追加
3、チャリティー活動
4、スカラーシッププログラム

1、BFTを保有するだけでFILが自動配当

Baby Filecoinでは、前途説明したようにBFTを保有するだけでFILが自動配布されます。この保有するだけで受け取れる報酬については、「全取引の15%」を全体のプロジェクト費用として使用し、以下の割合で「報酬」「流動性」「マーケティング手数料」として自動分配されます。

  1. FIL Rewards Fee : 7%
  2. Liquidity Fee   : 3%
  3. Marketing Fee  : 5%

2、流動性のロック&流動性の自動追加

LPトークンの大部分はロックされている状態で、既に一部はBurn(バーン)されています。さらに全取引のうち「3%」は自動的に流動性プールに追加される仕組みとなっています。これによりトークン価格を安定させることが可能となり、より多くのユーザーに安心してBFTを購入できる環境を構築しています。

3、チャリティー活動

BabyFilecoinでは、幾つものチャリティーパートナーを支援するため、「CharityWallet」と呼ばれる専用のウォレットを準備し、BFTの一部がこのウォレットに割り当てられます。

4、スカラーシッププログラム

スカラーシッププログラムとは、Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)のコミュニティから発生した制度です。これは、Play to Earnのゲーム領域に興味が持つユーザーが多くいる中、資金不足などの理由でプレイできない人のために、NFTが提供されます。Baby Filecoinでも同様に、スカラーシッププログラムを提供することで、より多くのユーザーへWeb3.0の世界を知って貰える機会を提供しています。

 

BFTのホルダー数が15,000人を超えた際には、Baby File Swapの準備・構築やWebサイトリニューアル、第三者機関による監査を実施予定です。最終的にはNFTマーケットプレイスやNFTコレクション、NFTゲーム、慈善団体、動物保護施設への寄付を実施する予定しています。

ファイルコイン(Filecoin / FIL)とは?

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは、IPFS技術を基盤としたユーザー同士でストレージの貸し借りができる分散型ストレージネットワークを提供するプロジェクトです。

 

これまでデータの保存方法に関しては、中央集権的なハードディスクへの保存が誕生後、最近ではDropBoxやGoogleDriveなどのストレージサービスを利用して保存し、複数人でデータを共有することが可能になりましたが、これも中央集権的な管理システムであることには変わりありません。そのため、データを管理する企業がハッキングを受けたことで個人情報が漏洩するリスクや、データを保存するコストの肥大化など、様々な面でのデメリットを抱えています。

 

IPFSを活用したデータの分散管理

IPFS(Interplanetary File System)とは、ファイルコインを開発するProtocol Labs社のJuan Benet氏が考案したHTTPに代わるP2P分散管理ファイルシステムという独自技術です。インターネット上で提供されているハイパーテキストシステム「www」と同様にファイルを配置し、パブリックにユーザーが誰でもアクセスが可能になり、中央集権のストレージ問題を解決するシステムを構築することが可能です。

 

これにより従来のデータ市場が抱えている問題を解決することが可能となるのです。

ファイルコインのメカニズム|2つのマイニングの仕組み

私たちがよく知るマイニングは、ビットコイン(BTC)に代表されるPoW(プルーフ・オブ・ワーク)がありますが、ファイルコインのマイニングは、BTCのハッシュ集約型のマイニングとは大きく異なります。

ストレージマイニング / Proof-of-Spacetime

ストレージマイニングでは、自分のデータの空き容量を一部(セクター)をIPFSに貸し出すことで、その対価としてFILを報酬として獲得することが可能です。これを実行するストレージマイナーは、一定期間のデータ空き容量がオンラインに存在することを宣誓します。ストレージマイナーが貸し出しているセクターに対して、借りたいユーザーが発生した場合には、報酬が払われストレージマイナーのもとにデータが転送されます。

リトリーブマイニング / Proof-of-Replication

リトリーブマイニングとは、分割された情報(ファイル)の破片(ピース)をユーザーの代わりに集めて提供することでFILを報酬として獲得することができます。「リトリーブマイナーの帯域幅と取引の入札 / 初期応答時間(待ち時間とクライアントへの近接性)」によって、ネットワーク状で検索取引を成立させる能力が決定し、報酬はファイルサイズの市場価値によって決定されます。

適格投資家から史上2番目の資金調達を完了

ファイルコインは2017年8月、適格投資家のみを対象にしたプレセールを開催し、開始1時間で約170億円の資金調達を完了させています。これは仮想通貨が誕生してから史上2番目の資金調達額となります。またプレセールの対象となっている適格投資家とは、「総資産額1億ドル以上の投資家または年間20万ドル以上の利益を出したプロ投資家」という定義が定められており、WINKLE VOSS Capital、Andreessen Holowitz Capital、Digital Currency Group、SEQUOIA Capital、Y Combinator、Coinbase、SKYPEなどの仮想通貨関連キャピタルから有名な適格投資家、シリコンバレーを代表する大手企業が参加しているなど、大きな注目を集めました。

上場している仮想通貨取引所

・Binance(バイナンス)
・Huobi Global(フォビ)
・Coinbase(コインベース)
・Gemini(ジェミナイ)
・Bitfinex(ビットフィネックス)
・Kraken(クラーケン)etc…

参照:CoinMarketCap

Baby Filecoin(BFT)の購入方法|PancakeSwap

ここからは、Baby Filecoinを取り扱うPancakeSwap(パンケーキスワップ)にて、BFTを購入する方法について解説していきます!購入方法は、従来の仮想通貨の購入方法と一緒ですが、1から順番に操作方法を見ていきましょう。

BFTの購入手順
  1. コントラクトアドレスを入手・追加
  2. BNB(Binance Token)を準備
  3. ExchangeでBFT(トークン)をスワップ

1.コントラクトアドレスを入手・追加

BFTのコントラクトアドレスは、PancakeSwapでBNBなどの仮想通貨からSwap(交換)する際や、PancakeSwapに接続するウォレットにトークン(BFT)の枚数を表示させる際に使用します。例えば、BFTをPancakeSwapで交換する際、「Select a Token」>「Search name or paste address」にトークンシンボルを入力した場合、偽のトークンが表示される可能性があります。

そのため、プロジェクトが発行する公式のBFTと交換するためにコントラクトアドレスを入手し、「Search name or paste address」に入力して表示されるトークンを表示させる必要があります。BFTのトークン情報はBSC Scanと呼ばれるトークン情報を確認できるサイトを使用しましょう。BFTのトークン情報はこちらから確認することができます。

BABYFIL(BFT)コントラクトアドレス
0x660c6804b521db531ffbe68deb888f5e54be40c4

MetaMask(メタマスク)への追加方法

BFTをPancake Swapで交換したとしても接続するウォレットにBFTの枚数が自動表示されないため、コントラクトアドレスを使用して、BFTをBabyFilecoinの推奨ウォレットである「MetaMask(メタマスク)」に追加しましょう。(※ Google Chromeの拡張ウォレットでの追加方法となります)

 

まず初めに、メタマスクからネットワークの「Binance Smart Chain」を選択し、下の「Import tokens」を選択します。

次にBSC Scanで入手したコントラクトアドレスを「トークンコントラクトアドレス」に入力もしくは、貼り付けます。すると、自動的に「トークンシンボル」と「トークンの10進数」に情報が表示されるので、「Add Custom Token」を選択します。最後に確認画面として「これらのトークンを追加しますか?」と表示されるので、「Import Tokens」を選択すれば完了です。

以上の方法で、メタマスクにBFTが追加完了されます。

2.BNB(Binance Token)を準備

PancakeSwapでは、トークンのSwap(交換)にてガス代としてBNB(Binance Token)を使用します。またBFTを交換にもBNBを使用するため、あらかじめメタマスクにBNBを送金する必要があります。メタマスク単体ではBNBを購入することができませんので、DEX以外に取引所でBTCやUSDTなどの仮想通貨でBNBを購入してメタマスクに送信しましょう。

BTCやUSDTなどの仮想通貨を保有している場合は、バイナンスやFTXなどの仮想通貨取引所にてBNBを購入・送金することができます。もし日本円しか保有していない場合は、コインチェックやビットフライヤーなどの「JPY」を取り扱っている国内仮想通貨取引所にてBTCなどの仮想通貨を購入し、バイナンスやFTXなどのBNBを取り扱っている取引所に送金して、BNBを購入しましょう。

3.ExchangeでBFT(トークン)をスワップ

ここからはPancakeSwapでBFTを購入する操作方法を紹介していきます。

 

まずは、PancakeSwapへサイトへ移動しましょう。自身のウォレット(今回はMetaMaskで解説)とPancakeSwapに接続後、BFTへ交換するには、「Trade」>「Exchange」を選択します。選択後、表示される画面は、BNBからCAKE(PancakeSwapのガバナンストークン)へのSwapを実行する画面となっているので、「CAKE」を選択します。

そして、正確なBFTと交換するために先ほど取得したコントラクトアドレスを「Search name or paste address」に入力もしくは、貼り付けします。すると、「BFT」が表示されるので、こちらを選択します。

あとは、購入したいBFTの枚数もしくは、BFTへ交換するためのBNBの枚数を入力し、「Swap」のボタンを選択。接続しているウォレットにて、トランザクションの承認画面が表示されるので、実行を選択すれば、接続している自身のウォレットへBFTが表示されます。

 

以上がBNBからBFTをスワップする方法となります。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!取り扱い仮想通貨銘柄数日本最大級!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】オーケーコイン・ジャパン

IOSTやENJなど、国内では取り扱いの少ない銘柄も販売所形式・取引所形式の両方で売買が可能です。OKBの取り扱いはオーケーコインだけ!



おすすめの記事