DMM Bitcoinって?メリット・デメリットを徹底解説します!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

 

DMM Bitcoinは、日本国内でとても人気の高い仮想通貨取引所です。親会社のDMMグループは多くのサービスを展開しているため、名前を知っているという方は多くいらっしゃるでしょう。

 

豊富な金融サービスを展開しているDMMグループが開発した取引所のため、ユーザーにとって安心して取引できる仮想通貨取引所がDMM Bitcoinです。

 

この記事では、DMM Bitcoinの特徴やメリット・デメリットについて徹底解説します。

 

DMM Bitcoinの特徴は?

 

DMM Bitcoin公式HPトップ

https://bitcoin.dmm.com/lp/010?utm_campaign=admg_8347_11686_733749_733849&utm_content=btc&utm_source=google&utm_medium=cpc&gclid=Cj0KCQiAnuGNBhCPARIsACbnLzqIGD5RKzEJSLOCsMufqJi1UdH6YuiocXMB3ZXq4zGruOWBEEMgh5UaAsteEALw_wcB

 

提供サービスDMM Bitcoin
現物取引(銘柄数)販売所形式:○

取引所形式:☓

レバレッジ取引(銘柄数)○(19銘柄)
最小発注数量(BTCの場合)販売所形式:0.0001BTC

レバレッジ取引:0.01BTC

取引手数料(BTCの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)

レバレッジ取引:無料(スプレッド、レバレッジ手数料あり)

※BitMatch注文を除く

取引ツールパソコン:ネットブラウザ:○

スマホアプリ:○

その他取り扱いサービスBitMatch注文

 

取り扱っている通貨は?

 

 

取引方法対象銘柄
現物取引(販売所形式)【円建て・6銘柄】

ビットコイン/円

イーサリアム/円

リップル/円

ステラ・ルーメン/円

ライトコイン/円

ビットコインキャッシュ/円

【ビットコイン建て・1銘柄】

イーサリアム/ビットコイン

レバレッジ取引【円建て・12銘柄】

ビットコイン/円

イーサリアム/円

リップル/円

オーエムジー/円

ベーシックアテンショントークン/円

クアンタム/円

ステラ・ルーメン/円

モナコイン/円

ネム/円

ライトコイン/円

イーサクラシック/円

ビットコインキャッシュ/円

【ビットコイン建て・7銘柄】

イーサリアム/ビットコイン

リップル/ビットコイン

ネム/ビットコイン

ライトコイン/ビットコイン

イーサクラシック/ビットコイン

ビットコインキャッシュ/ビットコイン

イーサクラシック/イーサリアム

 

DMM Bitcoinでは取引を販売所で行うため、ユーザーは仮想通貨を販売所から直接購入することができます。初心者でも簡単に取引を行えるのが魅力的です。

 

手数料は?

 

DMM Bitcoinでは、現物取引にかかる手数料は全て無料となっています。レバレッジ手数料のみ、0.04%の手数料がかかります。

 

一般的に仮想通貨にかかる主な手数料は下記の通りです。

 

・入金手数料

・出金手数料

・取引手数料(新規エントリー/ロスカット)

・送金手数料

・レバレッジロールオーバー手数料

 

DMM Bitcoinのメリットは?

 

DMM Bircoinは、初心者が扱いやすい販売所タイプを採り入れており、多くのアルトコインでレバレッジ取引ができるのが魅力となっています。

 

ここでは、DMM Bitcoinのメリットについて解説します。

 

セキュリティ対策が万全

 

DMM Bitcoinの親会社であるDMMグループは、DMM.com証券などを提供しており、電子取引などの金融サービスに関わるセキュリティのノウハウが豊富です。

 

DMM Bitcoinでも万全なセキュリティ対策がとられています。主なセキュリティ対策は以下の通りです。

 

・コールドウォレットにユーザーの資産の95%以上を保管

・出庫作業を2つの工程に分割し、別の社員が対応

・不正アクセスや社内端末の動きを24時間体制で監視

・ログインに二段階認証を採用し、不正ログインを防止

 

仮想通貨の取引において、安全面での心配を抱えている方には、強固なセキュリティ対策がされているDMM Bitcoinの利用がおすすめです。

 

高機能な取引ツール

 

DMM Bitcoinには、パソコン版・スマホ版ともに高機能で使いやすい取引ツールが提供されています。

 

パソコン版の取引ツールはカスタマイズ性に優れていて、10種類以上の機能の中から自分好みのテンプレートを作成することができます。

 

スマホ版の取引ツールもパソコン版に劣らない機能を搭載しており、アプリのUIはとても使いやすく、外出先でも取引は行えます。

 

下記がスマホアプリの画面です。

 

DMM Bitcoin アプリ取引画面にワンタッチ注文がある様子

チャートを見ながら、直感的に「ワンタッチ発注」を行うことも可能となっています。

 

レバレッジ取引ができる通貨の種類が多い

 

DMM Bitcoinでは、19銘柄の仮想通貨がレバレッジ取引に対応しています。レバレッジ取引で、手持ち資金の最大2倍までの仮想通貨の取引が可能です。

 

DMM Bitcoin 取扱通貨一覧

https://bitcoin.dmm.com/service

 

レバレッジ取引でアルトコインの売買を行いたい方に特におすすめです。

 

LINEのカスタマーサービスが充実している

 

DMM Bitcoinでは、カスタマーサービスがLINEで24時間365日対応してくれます。リアクションも早く、基本的に数分以内で返事がきます。

 

ちょっとした疑問やトラブルが発生しても、安心して問い合わせすることが可能です。

 

手数料が安い

 

DMM Bitcoinでは、仮想通貨の取引に関わる全ての入出金手数料や取引手数料が無料となっています。

 

出金手数料が発生する取引所が多い中、日本円の出金手数料が無料なのは大きなメリットといえます。

 

DMM Bitcoinのデメリットは?

 

DMM Bitcoinには多くのメリットがある一方で、デメリットも存在しています。ここでは、DMM Bitcoinのデメリットについて解説します。

 

現物取引できる仮想通貨の種類が少ない

 

DMM Bitcoinは、レバレッジ取引のできる仮想通貨の種類が多いのがメリットですが、現物取引できる仮想通貨の種類が少ないのがデメリットといえます。

 

レバレッジ取引できる通貨は19銘柄ですが、現物取引できる通貨は6銘柄のみです。

 

スプレッドがやや広い

 

DMM Bitcoinの取引は販売所を経由して行うため、他の取引所よりもスプレッドがやや広めに設定されています。

 

スプレッドというのは、実質の取引コスト(買値と売値の差)のことで、投資家にとってこのスプレッドの幅はとても重要なポイントになっています。

 

ただし、DMM Bitcoinのスプレッドが広すぎるわけではありません。初心者が取引所を選ぶ際に、スプレッドの幅を利用にDMM Bitcoinを選択肢から外す必要はないでしょう。

 

取引所で売買ができない

 

DMM Bitcoinで現物取引をする場合、取引所で売買ができないため、販売所で取引を行うことになります。そのため、他の取引所と比べて取引にコストがかかってしまいます。

 

取引コストがかかってしまうため、売買で利益が出しづらくなっています。

 

DMM Bitcoinの利用が向いている人

 

DMM Bitcoinの利用が向いている人は、以下のような人です。

 

・スマートフォンをメインに利用して仮想通貨の取引をしたい人

・レバレッジ取引で大きな利益を狙いたい人

・仮想通貨の取引初心者で、取引ツールの操作に不安がある人

・セキュリティ面に不安があり取引ができていない人

 

外出先でスマートフォンを利用して取引したい人に特におすすめです。

 

まとめ

 

この記事では、DMM Bitcoinの特徴やメリット・デメリットについて徹底解説しました。

 

強固なセキュリティ対策やLINEでのカスタマーサービスなど、初心者にとって利用しやすい仮想通貨取引所がDMM Bitcoinです。

 

スプレッドがやや広いなどのデメリットがありますが、初心者におすすめできる仮想通貨取引所です。これから仮想通貨に投資を始めたい人や、アルトコイン取引にも興味があるという人にはうってつけでしょう。

 

DMMビットコインの登録で分からないことがあったら【DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の登録、口座開設、本人確認、二段階認証】を参考にしてください。

記事の監修者

中島翔

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。

Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事