FPTとは? FrontPoint についての解説

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

今回は、FrontPoint、DeFiで初めて信用格付け制度を導入したプロジェクトについて解説していきます。

下のボタンから公式SNSをフォロー・チェックできますのでぜひ!

公式テレグラム

公式ツイッター

公式webサイト

FPTとは

FrontPoint とは、信用格付け制度が世界で初めてDeFiに導入されたプロジェクトで、BSCネットワークに基づいた、P2Pのレンディングプロトコルになります。

 

これまでのDeFiのローンは、過剰なローンの比率であったため、負債の返済を保証するための精算システムが十分ではありませんでした。

 

FrontPoint の公正な信用格付けシステムの導入では、合理的な信用評価メカニズムが設計され、システムのセキュリティを確保しながらプラットフォームにクレジットを導入することが可能になっています。

 

ホワイトペーパーはこちらから

そもそもDeFiとは?

DeFiとは、分散型金融でである、Decentralized Finance の頭文字を取ったものになります。基本的にはブロックチェーンの技術である、イーサリアムのスマートチェーンをベースにしたような分散型のアプリケーションをさします。

 

従来までは銀行が中心となって、主な金融サービスを運営してきました。これを中央集権型金融といいます。それとは反対に、非中央集権型金融とは、銀行などの機関に頼ることなく、個人で自律的に金融資産の管理を行える金融システムをさします。

DeFiの課題に対応するのがFPT

現状の課題

DeFiでも世界的に有名な5つのプロジェクトのうち3つ、
Makerdao, Compound, Aave はそれぞれ異なる融資プロジェクトですが、基本的な機能はトークンをオーバーライドして融資したり、別の種類のトークンを発行したりしています。また、それらを過剰に約束している点が課題となっています。

解決方法

信用格付けシステム

FPTはこの過剰な貸し出しの状況を、信用格付けシステムによって解消しようとしています。上述の通り、FrontPointは 世界で初めてDeFiシステムに信用格付けシステムを導入しました。

 

FPシステムは、DeFiシステムの参加者の資金の活用と、レバレッジを高めます。この信用格付けシステムはオンチェーンとオフチェーン(双方ともブロックチェーン上の仕組み)の部分を同時に使用します。

 

ユーザーは過度の質権なしに借りることができ、期限内に融資を行う必要があるのが、従来のDeFiとの違いです。そのための信用格付け制度が導入されました。

 

KYCの程度による信用度の高低が生み出され、そのシステム安定性の維持のためにFPTを発行し、合意に達成した場合にインセンティブが生じるようになっています。

投資収益の仕組み

FrontPoint DeFi において、投資収益率は借り手によって支払われる利子と、システムによって参加者に発行されるインセンティブの2つです。

 

利子は、長期支払い債務に起因するリスク回避のため、返済期日を設定するとともに、差額融資を行う際、利子の計算を行う必要があります。債務返済じに支払われる利子の一部はFPプールに参加するユーザーやクレジットノードに直接渡され、残りはシステム参加者への定期的な分配のために使われます。

 

インセンティブである、FPT報酬はもう一つの収益です。融資プロセスに参加することで報酬を受け取ることができ、加えてステークのためのローンを組むことで利益を得ることもできます。

 

公式SNSではプロジェクトの詳細について説明していますのでぜひご活用ください!

公式テレグラム

公式ツイッター

ガバナンス構造

ガバナンス構造
FP DeFi プロトコルガバナンスは、格付けシステムとガバナンス投票システムの2 つの部分に分けられます。

格付け制度

格付け制度は、チェーン内格付け制度とチェーン外格付け制度に分かれているオンチェーンレーティング(自動的)はシステムによって自動的に完了され、オフチェーンレーティング(手動的)はクレジットノードによって実行されます。このシステムに関する全般的なガバナンスの問題は、FPT のすべての保有者に公開されています。

ガバナンス投票

ガバナンス投票というのはFPシステムです。ガバナンスに投票に関して2つの重要な原則があります。
1つはFPTのホルダーが、システムに公正に参加して投票できるように全ての人に公開されていることで、もう1つの原則はシステム経済に最も密接に結びついたものがシステムの発展を決定するということです。
FPのガバナンスにおけるユーザーの投票の重みは、FPTの数と投票中のユーザーのロックアップの時間によって決まります。

他のDeFiローンとの違い

他のDeFiローンとの違い

他のDeFi ローンでは、ユーザは最初に預金プールに預金し、次にバウチャーを使用してオーバー担保として他のプールの資金に対して借用ひます。

 

この場合、資本プールの数は制限され、システム内でオンラインにできる資本プールは限られている。そうしないと、システムの財政的安定性が損なわれる可能性があります。

 

FP DeFi では、各ローン取引ペアは独立している。つまり、各ローン取引ペアには独自の資金プールがあり、他のプールのユーザに影響を与えないようにすることで、管理が容易になり、ローンのプールへの流出リスクが回避されます。

トークン配布

FPT の初期配分は 525,600,000 コインで、FP システムのガバナンス·トークンとして使用されます。
初期割り当ては次のとおりです。

 

トークン配布
●イールドファーミング ●財団 ●プライベートセール ●チーム
●アドバイザー ●マーケティング ●パートナー

 

マイニング – 60%
運用及び保守費用 – 20%で継続的に財団に投入されてプロジェクト運用費用として計上される

 

プライベート – 10%
最初のリリースは30%、四半期ごとのリリースはそこから3ヶ月後

 

財団 – 10%
IEO及びIFOの前段階で使用のためにリザーブされている

 

チーム – 5%
初回リリースは20%で、リリースは2年以内に完了

 

アドバイザー – 5%
初回リリースは20%で、3ヶ月後に40%、9ヶ月後に40%がリリースされる

 

セールス- 4%
初回のリリースは40%で、半年後に四半期のリリースが行われる

 

パートナー – 7%
外部協力開発、監査、その他関連パートナーを含めると、初めに20%がリリースされ半年後から四半期ごとにリリースされる

まとめ

今回はFPTに関して解説をしていきました。

DeFiに、業界初の格付け信用制度を用いたプロジェクトはFPT以外には、未だ立ち上げられていません。
これからも新しい情報収集のためにアンテをはっていきましょう!

 

近日中にアプリがダウンロードされるようなので、是非Twitter、Telegaramを是非、ご活用ください!

公式テレグラム

公式ツイッター

公式webサイト

 

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事