仮想通貨JAC(ジャパンオールカルチャー/Japan All Culture)とは?日本のアニメ・漫画の権利を護るNFTプロジェクトのその後について調査

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

2019年に限られた投資家の間でICOが実施されたJAC(ジャパンオールカルチャー/Japan All Culture)ですが、ネット上にはほぼ情報がありません。

 

日本の一大産業であるアニメ・漫画の権利をブロックチェーンで証明するためのプロジェクトとして起ち上げられた同プロジェクトですが、ICO後の開発進捗・価格推移はどうなっているのでしょうか?

 

ICO当時は注目されなかったNFT関連プロジェクトですが、再起は見込めるのでしょうか?当記事では、JACのその後を調査しました。

(当記事は今日NFTの盛り上がりから、過去のプロジェクトを検証するために執筆し始めたもので投資をすすめるものではありません。)

NFTの認知拡大で注目が集まるコンテンツの所有権

2021年に入り、NFT(non fungible token:非代替性トークン)関連の仮想通貨が暴騰と共に注目を集めています。

 

ブロックチェーン技術を使い、デジタルトレーディングカードやゲーム内アイテム、アーティストの作品などの所有権を証明するものですが、アメリカのアーティスト・Beeple氏の作品が約75億円、Twitterの創業者/CEOジャック・ドーシーの初ツイートが約3億円で落札されるなどで話題となりました。

 

日本でもセクシー女優の上原亜衣氏がNFTアートを出品したり、波多野結衣氏がNFTを利用したデジタル写真の発売を発表するなど、NFT関連の取り組みは国内でも広まっています。


日本国内大手企業もNFT事業への参入は続いており、集英社、エイベックス、GMOなどが参入を発表しています。

NFTプロジェクトJAC(ジャパンオールカルチャー/Japan All Culture)とは?

NFTプロジェクトJAC(ジャパンオールカルチャー/Japan All Culture)は、2019年に海外仮想通貨取引所IDCMによって、主に日本のアニメ・漫画の版権を守るために起ち上げられました。

 

JACのホワイトペーパーによると、アニメ産業は日本国内のでも3番めに大きな産業であり、年間230兆円の規模とのこと。同時に世界最大のアニメ輸出国であり、世界アニメ市場の60%を日本のアニメが占めているとのことです。

JACのトークン設計

JACは9,000億枚発行され、トークン設計は以下の通りとなっています。

JACトークン設計

一般投資家40%
IDCMTAIWANチーム10%
エンジェル投資家10%
エコシステムの構築10%
基金10%
マーケティング・プロモーション20%

JAC(ジャパンオールカルチャー/Japan All Culture)が仮想通貨取引所IDCMTAIWANへ上場。その後

JAC-BTC-Trading-IDCM

2019年12月16日、JACはIDCMTAIWANへ上場しました。当日は0.003BTC近くまで値を上げたものの、翌日には0.0000001BTCまで値を下げ、その後2021年4月19日現在まで0.0000001BTCから値を上げることはありませんでした。

 

一般的にICOで投資家から資金を集め、上場後進捗が無いプロジェクトは「スキャムコイン」として取引所からもデリスト(上場廃止)されるものがほとんどです。

 

IDCMが直接起ち上げているプロジェクトということもあり、デリストされていないのでしょうが、JACは今日までずっと0.0000001BTCに張り付いたまま動きません。というのも、売り板には、総発行枚数の約19%にものぼる163,891,101,792JAC並んでおり、買い板はゼロです。最低取引単価で買いを入れればすぐに約定します。

 

この売り圧を解消しない限りは価格の上昇は見込めません。

JAC(ジャパンオールカルチャー/Japan All Culture)に復活のきっかけはあるのか?

上述のとおり、上場後に何のマーケットメイクも行われず、投資家を放置してきたプロジェクトに復活のきっかけはあるのでしょうか?

 

仮想通貨が注目を集め始めた2017年頃より、本来のブロックチェーンの利用シーンとして「権利の裏付け」は多くのプロジェクトが掲げていました。しかしブームは過ぎ去り、多くのプロジェクトが破綻し撤退していきました。しかし、冒頭でお伝えしたとおり、2021年に入り、「NFT」という新たな呼称で呼ばれ、関連銘柄は暴騰し、バブルの様相をも感じさせるものの、JACにもブームのきっかけはあるように感じられます。

 

この3ヶ月、全く動いていなかった仮想通貨が大きく動き出し、BEAMが3ヶ月で約20倍、HBARが2ヶ月で15倍になるなど、過去に注目されたプロジェクトのリバイバルも見られます。

 

グッズ

この2年、JACプロジェクトの進捗は全く見られなかったものの、水面下で日本のアニメグッズの版権利用権利を獲得し、既にそれを利用し、近くボディジェルやキャリーケース、iQOSケースなどのグッズ販売を予定しているとの噂があります。

 

日本の一大産業であるアニメ・漫画の著作権侵害は過去にも何度も問題となっています。NFTによって著作者権利が守られ、また、原画や作者のサインなどもNFTによって権利の可視化されることは日本文化を守ることにも繋がります。

 

当サイトでは、引き続き同プロジェクトの動向を追っていきます。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事