Brexit talks Continue to Stagnate, Weakening the British Pound, as Institutional Money Looks to Buy More Ethereum and Bitcoin

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事や電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

イーサリアムファーストの投資家が増加中

今週のOverbitNewsでは、まずイーサリアムファーストの考えを持つ投資家の意見を紹介します。

 

投資信託運用会社グレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)のマネージング・ディレクターであるマイケル・ソンネンシェイン氏は次のように述べています。

「2020年、仮想通貨投資家の中でイーサリアムファーストに考える投資家が増えてきています。中にはイーサリアムのみに投資するような投資家グループも増えてきています。」

 

グレイスケール・インベストメンツはは米CoinDeskの親会社であるデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group)が所有している世界最大級のブロックチェーン関連企業です。

 

仮想通貨のリサーチ企業Messariのシニアリサーチアナリストであるライアン・ワトキンス氏は、機関投資家の仮想通貨に対しての関心について尋ねられた際に、「機関投資家は、ビットコインがデジタルゴールドとして社会的地位を確率するストーリーを確信してそれを買っている」と答えています。

 

「ビットコインがデジタル・ゴールドならば、イーサリアムは世界のスーパーコンピューターである」という論調が高まっており、これは今後数年に渡り展開される可能性があります。

マイクロストラテジー社がビットコインを4億ドル追加で調達

マイクロストラテジー社とそのCEOであるマイケル・セイラー氏は、米国上場企業として初めてバランスシート上でビットコインを取得したことを公開し、ここ数ヶ月で急速に国際的な注目を集めています。

 

2020年初頭には5億ドル近くのビットコインを取得していましたが、マイケル・セイラー氏はさらに多くのビットコインを取得するために4億ドル追加で調達しようとしているようです。

 

この戦略によって、マイクロステラテジー社株が公開市場において準ビットコインETFとも捉えられる様になります。これは米国証券取引委員会(SEC)ポリシーのグレーゾーンですが、米国市民がマイクロステラテジー社株を介して間接的にビットコインに投資できるとも言えます。

 

この新しい資金調達モデルは他に類を見ない初の取り組みです。今後もマーケット全体に波紋を広げていくことでしょう。

ブレグジット協議の停滞により、一部の投資家は「大きな回復」の期待には慎重な姿勢

今週最後の話題はEUと英国全体に不安を残し続けている進行中のブレグジット交渉について取り上げます。

 

多くの投資家は先週末も英・EU間の合意に向けた進展を期待していましたが、協議は決裂。月曜日には英ポンドは下落しました。米国時間午前中に対米ドルで1.5%近く下落、日中に持ち直し、0.6%の下落にとどまりました。

 

このようなブレグジット協議の停滞により、一部の投資家は「大きな回復」の期待には慎重な姿勢を見せています。

 

さらに米国の投資家は政治的な対立が続いていることから、追加の景気刺激策の年内成立が遅れていることに不安感を募らせています。

 

Covid-19パンデミックからの継続的な回復が英国、EU、米国、および世界中のほとんどの国で続いているため、世界中の投資家は警戒心から慎重になっています。

Overbit.comでは世界中の投資家の皆様をサポートするためにトップレベルの洞察力、ツール、商品をお届けしていきます。

 

仮想通貨取引所オーバービット(OVERBIT)の特徴や登録方法はこちら

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事