仮想通貨CNV(Coineal Value)とは?将来性・買い方について徹底解説!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

話題の仮想通貨取引所コイニール(Coineal)については別の記事で詳しく紹介しましたが、同取引所はCNV(Coineal Value)という通貨をローンチしています。CNVはビットコインをベースとした通貨で取引所の利益をユーザーに還元することを目的としています。

 

 

CNVの総発行枚数は2,100万枚に制限されており、30分毎にブロックが生成されます。マイニング報酬はマイナーが保有するハッシュレートの量によって分配される仕組みになっています。

 

この記事ではCNVのプロジェクト概要や将来性、購入方法などをご紹介します。

 

この記事をまとめると
  • 仮想通貨取引所コイニールがコイニールバリュー(CNV)を展開

 

  • CNVはマイニングを中心とした分散型所得分配モデル

 

  • 着実に価格が上がっており、今後にも期待が持てる

 

コイニールがCNV(Coineal Value)をリリース

香港を拠点とする新興仮想通貨取引所のコイニールは2020年9月14日に新たなプロジェクトとしてCNVをローンチしました。マイニングをメインとしたプロジェクトになっており、14日からマイニングプランの販売が、21日からマイニングの開始がスタートしています。

 

同月の24日には現物の取引も可能になっており、マイニングを行わなくてもトークンを購入することができるようになっています。

CNVは利益をユーザーに還元する仕組み

従来の仮想通貨プロジェクトの多くは実態的な価値を投資家に提供できずに、トークンの価値そのものを担保するのが難しかったとコイニールは指摘します。

 

コイニールバリューは仮想通貨取引所コイニールの利益をユーザーに還元するべく設計されています。同取引所が取り扱うDeFi商品やレンディングなどの手数料によって得た収益の75%をCNVトークンの買い戻しとバーン(焼却)に当てるとしています。これによってトークンに実質的な価値を付与し投資家へ還元することを目指しています。

 

コイニールは24時間あたりの平均取引高が約1,000億円で世界の仮想通貨取引所ランキングで30位前後に位置する中堅取引所です。取引高からして、75%の収益がトークンの購入に使われるとすればかなりの買い支えが予想できます。

CNVの価格は右肩上がりで上昇中

 

CNVの取引が開始された2020年9月21日は一時的に126USDTという高値をつけたものの、主に2USDTから12USDTの間で価格が推移していました。そこから日足レベルで順調に価格を上げてきており、記事執筆時点では47USDT前後で取引されています。

 

安値を切り上げながら安定して価格が推移しているため、今後も上昇を継続していくと見られています。

CNVの価格はどこまで上昇するのか

今後の上昇が期待されるとなれば気になるのが長期的な到達点です。CNVに資金を投入するのであればどれほどの利益が見込めて、どの価格帯で利確するのかという点は多くの投資家が気にしていると思います。

 

 

コイニールが日本のユーザーの間で有名になったきっかけにビットコインボルト(BTCV)の上場がありました。ビットコインボルトもCNVと同じく右肩上がりのチャートを形成し、2020年1月に5USDTで上場してから最大で100倍ほどの値段をつけました。

 

ネット上でもコイニールが力を入れているプロジェクトとしてBTCVとCNVを比較するユーザーが多く見受けられます。ビットコインボルトの例を参考にするとCNVは今後も価格が上昇していくことが予測されます。

CNVを入手する方法

CNVはすでにマイニングや取引が開始されており、少しでも早く参入したいという方も多いでしょう。CNVを最も多く獲得する方法としてはマイニングが挙げられます。マイニングでは最初にプランを購入することで毎日報酬が受け取れます。一括で報酬を受け取れないという点はありますが、最終的には同額で現物を購入するよりも多くの報酬が見込めます。

 

マイニングでは1日に受け取れる報酬が小額であったり、一度にまとまった資金を用意できないという方は現物を購入するという方法もあります。

CNVの現物購入方法

 

まずはコイニールにログインし、画面右上の「財産」をクリックします。ウォレット内の通貨残高一覧が表示されるので入金したい通貨横の「入金」をクリックします。CNVはUSDTまたはBTCにて購入可能です。

 

 

通貨別のアドレスとQRコードが表示されるので送金元からアドレス宛に送金を行います。送金の数時間後に金額が反映されたらトップ画面下部の市場一覧から取引時したい通貨ペアを選択します。先ほどのウォレット画面でCNVの横の「トレード」からアクセスすることもできます。

 

取引画面は上の画像のようになっています。取引は右下の欄から指値、もしくは市場(成行)を選択して行います。指値取引の場合は上の欄い価格、下の欄に数量を入力して「購入をクリックします。成行取引の場合は価格は市場価格にて決済されるため、数量のみを入力します。

CNVは今後に期待が持てるプロジェクト?

コイニールバリューは中堅取引所コイニールの名前を冠したプロジェクトなだけにかなりのリソースを注力して行くものと思われます。世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)の独自トークンBNBがリリースから100倍のパフォーマンスを達成したように取引所トークンには十分なポテンシャルがあります。

 

長期的にCNVに投資を行っていくのであればマイニングプランを購入するという方法もありますが、手っ取り早く投資したいという方には現物買いがおすすめです。

 

また、コイニールが収入の一部でトークンの買い戻しと焼却を行うためトークンの総発行枚数は徐々に減っていき、一枚あたりの価値は上昇していきます。早い段階で投資を行えば今後の価格上昇の恩恵を最大限受けることが期待できます。

 

 

この取引所は海外取引所のため、日本円の入金及び日本円での取引ができません。 まずは国内の暗号資産(仮想通貨)取引所で日本円からビットコイン(BTC)などに交換した上で、送金する必要があります。   コインメディアがおススメする国内の暗号資産(仮想通貨)取引所はGMOコインです。   GMOコインから海外取引所への送金方法は【GMOコイン送金方法】を参考にしてください。
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事