Defiバブルの崩壊と仮想通貨市場の課題-Overbit Weekly Round Up

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

Defiバブルの崩壊と仮想通貨市場の課題

今週のOverbit Weekly Round Upでは、まず、加熱しすぎたDefi市場について触れていきます。

 

SushiSwapの$SUSHIトークンは9月に70%以上下落し、分散型レンディングの市場リーダーである$LENDも30%近く下落しています。

 

個々のトークン価格下落はもちろんのこと、分散型取引所も打撃を受けているようです。
Uniswapの1日の取引量は2億2400万ドルにまで落ち込み、9月1日に記録的な高値を記録した9億5400万ドルから76%も下落しています。

 

仮想通貨市場では、いつもこのような悪いニュースがあれば、その裏には良いニュースも潜んでいます。

 

CoinDeskの最近のレポートによると、DeFi市場のこの下落はイーサリアムネットワークの混雑を緩和し、一時的にネットワークの過負荷や高額な手数料の懸念を和らげるのに役立っているとのことです。

 

Digital AssetsDataのクリプトリサーチアナリスト コナー・アベンシェイン氏は、「仮想通貨市場全体のボラティリティが低いことが、取引量とコストの低下に貢献している」と述べています。

 

現在、イーサリアムの手数料は1取引あたり2ドル前後で、9月初旬に15ドルの手数料が高騰していた頃に比べれば、かなり下がっています。

 

このような手数料の低下は短期的には歓迎すべき兆候であることは間違いありませんが、仮想通貨市場がいかに不安定で、未熟であるかを痛感させられます。

 

テクノロジーは革新的ですが、金融商品として主流になる前に解決すべきねじれがまだたくさんあります。

サムスンがスマートフォンウォレットにAMLソリューションを実装

世界有数の技術メーカーであるサムスンは先日、同社の内蔵スマートフォンのウォレットに仮想通貨のアンチマネーロンダリングソリューションを統合したことを発表しました。

 

ソフトウェア会社Uppsalaのブログ記事によると、同社はサムスンとAML統合を締結し、同社のクリプトAMLソリューションをサムスンのブロックチェーンサービスに直接リンクさせたといいます。

 

この新しいサービスは、ユーザーが取引に送信する相手を確認し、受信者が詐欺やダークウェブサービス、その他の不正行為にリンクしていないかどうかを確認するのを支援することを目的としています。

米ドル・英ポンド・金・原油の動き

米国の副大統領候補討論会が間近に迫っているため、米ドルに注目が集まっているようです。(10月7日に開催済)

 

水曜日にトランプ大統領が景気刺激策の交渉を終了すると発表した後の小幅な後退にもかかわらず、トランプ氏が様々な形の景気刺激策の支持を表明した後、米ドル市場は跳ね返ってきました。

 

トランプ大統領のこのレトリックに加えて、最近のFOMC議事録も米ドルにプラスの影響を与えているようです。

会議では、政策立案者やアナリストは、現在のデータは、第2四半期のCOVIDダンプの後、経済活動が予想よりもはるかに速く回復していることを示していることを指摘しました。

 

これらのニュースリリースのどれも市場を動かすほどのものではありませんでしたが、少なくともドルの主要なライバルのほとんどの動きを鎮めたようです。

 

EUR/USDペアは1.1760付近で推移し、ポンドはBrexit関連のニュースの影響を受けて最悪のパフォーマンスとなりました。

 

ボリス・ジョンソン首相が設定した期限である10月15日までに英国が交渉から撤退するという噂を考えれば、ポンドのこの下落は当然のことです。

 

また、一般的には安全資産とされているコモディティについても、米国の動きを待って停滞しているようです。

 

金は依然として抑えられており、1オンス1,887ドルで一日を終えました。

 

原油はわずかに良くなったように見えただけで、一日の大半は堅調に推移し、WTIは40.00レベルのすぐ下で推移しています。

 

 

リスク警告:信用取引は資本に高レベルのリスクを伴うため、失うことができる金額でのみ取引をすべきです。信用取引はすべてのトレーダーに適しているとは限らないため、関連するリスクを完全に理解していることを確認し、必要に応じて専門的なアドバイスを求めてください。

免責事項:Overbitのウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア、またはその他のプラットフォームのコンテンツは、特定の国や地域、およびその居住者を対象としたものではありません。 Overbitのプラットフォームにアクセスする前に、お住まいの国または地域の該当する規制を確認してください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事