公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在対象者全員に2,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



世界最大の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が運営するIEOプラットフォームBinance Launchpadの第一弾として行われたビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)のIEOは驚異の人気を誇り、トークンセールはわずか18分で終了したと伝えられています。

 

BTTの成功はBinance Launchpadに勢いを与えその後のIEOも続々と成功を納めています。

 

今回の記事ではそんな大きな話題となったBTTトークンの情報やプロジェクトの概要をわかりやすく解説していきます。

 

この記事をまとめると
  • BTTはBinance Launchpadの第一弾でわずか18分で完売!

 

  • プロジェクトの大元は従来より数多のユーザーを抱えるBitTorrent!

 

  • BTTはBitTorrentのネットワークを効率化し拡張するべく開発された仮想通貨!

 

  • 現在は仮想通貨TronのCEOに買収されており、トークン規格もTronに準拠!

ビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)のプロジェクト概要

運営元の紹介

ビットトレント(BitTorrent)はもともとP2P(peer-to-peer)のファイル共有プロトコルを開発しているプロジェクトです。P2Pのプロトコルとしては先駆け的な存在であり世界中に数多くの利用者を抱えます。

 

ビットトレントではネットワークに参加しているユーザーがファイルをダウンロードすると同時に他の参加者にファイルの一部を配布することでダウンロード速度を高速化することを目指しています。システムの根幹はブロックチェーンのように分散化に依存しています。

 

そんなビットトレントは2019年1月に仮想通貨Tronをベースにした独自トークンのビットトレントトークン(BTT)を発表しました。現在はTronのCEO、ジャスティン・サン氏に買収され傘下となっています。

 

ビットトレントチームはBTTトークンを使ってネットワークの効率化を目指しています。具体的にはBTTを払うことでの優先的なデータのダウンロードや分散型ネットワーク上でのファイル保管などが計画されています。

 

ビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)の発行枚数などの基本情報

BTTトークンの基本的な情報は以下のようになっています。先述のようにプロジェクト自体がジャスティン氏に買収されTRONの傘下に入っているため、トークンの規格もTRONに準拠したものとなっています。

 

通貨名(ティッカー)ビットトレントトークン(BTT)
トークン規格TRC-10
総発行枚数990,000,000,000 BTT
流通枚数212,116,500,000 BTT (2019年10月現在)
時価総額約96億円 (2019年10月現在)
IEO販売枚数59,400,000,000 BTT (総発行枚数の6%)
IEO開催時期2019年1月28日から2月3日

 

IEOは2019年1月末に開催され、総発行枚数の6%に相当する594億枚が販売されました。

 

ビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)CEOの紹介

 

ビットトレントはBitTorrent開発者のブラム・コーエン氏とYahoo!の事業戦略担当部門のアシュウィン・ナビン氏によって2004年に創業されました。同社はお互いに足りない部分を補完し合い、当時違法なものとして見られていたP2Pシステムの印象を大きく変えることとなりました。

 

そして2007年には日本法人を設立し、角川グループやJストリームなどと協力関係を築いています。

 

BTTに関してはTronのジャスティン・サン氏に買収されているため、同氏がCEOとなっているようです。

 

ビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)のロードマップ

Binance Researchが公開しているBTTプロジェクトのロードマップによると、2019年Q1(第一四半期)にはオンチェーン/オフチェーン切り替えに関するサーバーのアップデート、TRC-10 BTTトークンの発行などが記載されています。

 

現時点でQ2には以下の3点が記載されています。

 

  • 完全版ウォレットUIのリリース
  • オンチェーン/オフチェーン切り替えに対応したウォレットをベータ版として配布
  • BTTエアドロップを実施

 

さらに2019年Q3にはウォレットでTRXやTRC-10、TRC-20規格のトークンをサポート、dAppの実験的な統合などが予定されています。

 

ビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)のIEO

IEO実施概要

BTTが最初に販売された際はICOでトークンセールが行われましたが、その後BinanceからIEOという形で再度販売が行われました。

 

BTTはBinanceの独自トークンBNBとTRX建てでトークンが販売されそれぞれ237.6億BTT、356.4億BTTが割り当てられていました。価格はBNB建てで0.00001824BNB、TRX建てで0.00447261TRXでした。

 

IEO完売までの時間

BinanceのCEOを務めるCZ(Chanpeng Zhao)氏はBTTのIEO終了後に「トークンセールは18分間で終了したが、システム上の問題がなければ18秒ほどで終了していただろう」と明かしました。

 

先着順で販売されたBTTトークンの需要は天文学的だったようで数多くの参加者が購入できないという事態が発生していました。

 

BTTはIEOでの販売時はドル建てで0.00012USDほどでしたが、2019年5月末には0.001861USDを記録しており、10倍以上の値上がりを見せています。

ビットトレントトークン(BitTorrent/BTT)が買える取引所

現在BTTを購入できる仮想通貨取引所は数多く存在しており、様々な通貨ペアで売買することができます。CoinMarketCapによると、取引高が多いのはCat.ExやUpbit、Binance、OKEx、DigiFinexなどとなっています。

その他、海外の仮想通貨取引所についてお知りになりたい方は、【海外仮想通貨取引所オススメランキング】を参考にしてください。

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット 口座開設

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事