THEO+docomoに新手数料体系THEO Color paletteが導入

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

THEO+docomoに新手数料体系THEO Color paletteが導入

2019年7月1日(月)から、THEO+docomoに新手数料体系のTHEO Color Paletteが導入されます。

 

2019年4月から、THEOにはTHEO Color Paletteが導入されていますが、THEO+には導入されていませんでした。

 

今回THEO+docomoにTHEO Color Paletteが導入されたことにより、利用状況に応じて「カラー」を決め、通常1.0%の手数料が最大で0.65%まで引き下げることができるようになります。

 

THEO+docomo_新手数料体系 (1)

 

THEO Color Paltteについては、こちらの記事『THEO Color Palette(テオカラーパレット)とは?手数料体系や適用条件について解説!』で詳しく解説しています。

カラーの決定方法

カラーの判定期間と適用期間

THEOで導入されている手数料体系と同じように、「カラー判定期間」に「カラー適用条件」を満たすことで割引が適用されます。

 

判定期間は、

 

  • A(4月、5月、6月)
  • B(7月、8月、9月)
  • C(10月、11月、12月)
  • D(1月、2月、3月)

 

となっています。

 

適用期間は、それぞれの判定期間の、最終月の翌々月より3ヶ月間になります。

 

THEO+docomo_新手数料体系 (2)

カラーの適用条件

THEO+docomoにおける適用条件としては、

 

  1. 毎月積立をしている
  2. 出金していない
  3. カラー判定期間の初月末までにdカードGOLDに入会し、最終月末時点で会員になっている
  4. dカードGOLDで毎月おつり積立をしている

 

となっており、THEOと同様の条件に加えて3と4の条件が必要になります

 

docomoのスマホをご利用中の方は断然THEO+docomoをおすすめします。
THEO(テオ)の関連記事一覧
口座開設方法テオ(THEO)の口座開設、登録方法を解説!
評判・口コミテオ(THEO)の評判・口コミ、メリット・デメリットを徹底解説!
THEO+docomo(テオプラスドコモ)THEO+docomo(テオプラスドコモ)とは?特徴やメリット、口座開設方法などを解説!
他社提携サービスTHEO(テオ)の他社提携サービスでもっとお得に資産運用!
THEO Color PaletteTHEO Color Palette(テオカラーパレット)とは?手数料体系や適用条件について解説!
THEO積立投資THEO(テオ)積立投資とは?メリット・デメリットや設定方法を解説!
比較ロボアドバイザー(AI投資)とは?メリット、デメリット、評判、口コミを徹底解説!
【ロボアドバイザー(AI投資)16社を比較】おすすめ業者をランキング形式で紹介!
ウェルスナビ(WealthNavi)とTHEO(テオ)を徹底比較!
LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事