公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在対象者全員に2,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



X-Hive(エックスハイブ)とは?

X-Hive(エックスハイブ)は、従来の取引所(CEX)のメリットと、分散型取引所(DEX)のメリットを組み合わせた取引所として注目を集めています。

 

X-Hiveに採用されているBEXAMネットワークは日本のアーリーワークス社が開発したPoR(Proof of Round)というアルゴリズムを採用したBEXAM(ベグザム)ネットワーク上に構築されるオフチェーンプラットフォームを利用しています。

取引所タイプの比較

取引所のタイプには大きく分けて2つのタイプがあります。
以下に2タイプの取引所の特徴と、X-Hiveを比較します。

CEXDEXX-Hive
管理主体取引所プラットフォームHybrid
秘密鍵取引所管理自己管理自己管理(※)
ダウンタイム有り無し無し
KYC有り無し有り
取引スピード速いプラットフォームによるとても速い

CEX(Centralized EXchange/中央集権型取引所)

一般的な取引所。ユーザーは取引所に仮想通貨・法定通貨などの資産を預ける必要があります。

 

そのため、大量の資産を預かっている取引所はハッキングの標的になりやすく、取引所側のセキュリティ対策レベルに自身の資産管理をゆだねるしかありません。

反対に、取引所内での売り板・買い板情報は取引所のデータベースを参照にして承認作業が行われるため、それぞれのブロックチェーンの速度に影響されることなく、瞬間的な取引が可能です。

 

また、仮想通貨取引の際のトランザクション発生時、必ず、マイナーに対しての手数料が発生しますが、特に日本のほとんどの取引所では、取引手数料無料としているところが多く、表面的にはお得に感じますが、これはスプレッドの広さで分かるように、CEX取引所での取引には、売る時・買う時に取引所の利益が載せられていることも理解をしておく必要があります。

DEX(Decentralized EXchange/分散型取引所)

管理者のいない分散型取引所。中央集権型ではないことから、サーバーダウンが発生しません。(ゼロダウンタイム)

 

また、ウォレットの秘密鍵は個々のユーザーが管理し、取引所側はユーザーのウォレット内にアクセスすることができないため、内部不正を排除することが可能です。

 

DEX取引所の大きな特徴の一つはKYC(本人確認)が不要ということです。ユーザーはウォレットアドレス等の必要最低限の情報のみの開示ですぐに利用が可能となります。

 

メリットも多くあるDEXですが、上述の通り、管理者がいない(少ない管理で済む)ため、また、同時に取引所運営の利益が少ないため、プロモーションにかけるコストが多くないこともあり、ユーザーがCEXに比べて少ないです。

 

そのために指値注文を行っても、なかなかマッチングしないこともあります。

 

また、買いと売りが成立しても、ブロックチェーン上で取引を処理するため、そのブロックチェーンのスケーラビリティ問題の影響を受けてなかなか承認されないといった現象も起こります。

 

CEXとDEXについてより詳しく知りたい方は【分散型取引所(DEX)とは?】を参考にしてください。

X-Hive

上述のCEXとDEXのメリットを引き継ぎ、デメリットを極限まで減らした取引所がX-Hiveです。

 

秘密鍵の管理はユーザーの自己管理ではあるものの、特定の条件の下で運営によるリカバリーが可能です。

 

また、BEXAMネットワークを利用しているため、DEX特有の取引の速度の遅さは解消されています。

多言語サポート

X-Hiveは多言語でのサポートを有しており、CEXのように手厚いサポートが受けられることも大きな特徴です。

独自アルゴリズムのPoR(プルーフオブラウンド)とは

通常、ブロックチェーンのトランザクションの承認作業は、ビットコインに代表される、PoW(プルーフオブワーク)やカルダノ(ADA)に代表されるPoS(プルーフオブステーク)が一般的ですが、BEXAMネットワークでは、PoR(プルーフオブラウンド)を採用しています。

 

PoWとPoSについて詳しく知りたい方は以下を参考にしてください。

 

PoRでは、ノードタイプが4種類に分かれ、それぞれのノードの役割を持っています。

トランザクションの承認の流れとしては以下の通りです。

 

・ノーマルノード(NN)…トランザクションを作成

・スーパーノード(SN)…トランザクションの確認、不要なトランザクションを破棄。

・マスターノード(MN)…トランザクションの整合性の確認

・ルートノード(RN)…トランザクションの承認、ブロックチェーンへの追加。

 

ルートノードで検証されたトランザクションはDAGとして構築されます。

 

これにより、1秒間に4,000万トランザクションの処理が可能で、これは、現在公開されているブロックチェーンでは、最速のスピードとなります。

TPS
これは、NEMの4000万倍、イーサリアムの200万倍、VISAのトランザクション処理スピードの700倍となります。

DAG(Directed acyclic graph)とは

通常のブロックチェーンは、前後一つ一つのブロックがチェーン上につながっていることからブロックチェーンと呼ばれますが、DAGに関しては、前後のブロックは必ずしも一つである必要が無く、複数のブロックがあっても問題がありません。

よって、処理速度に大きな違いが生まれます。

それぞれのノード報酬

マスターノードとスーパーノードは上述のように、トランザクションを処理する役割を果たすため、その報酬を受けることができます。

 

それぞれのノードを立てるためには以下の条件を満たす必要があります。

ノード条件(必要BEXAM数)報酬
マスターノード500,000BEXAM80%
スーパーノード100,000BEXAM20%

この条件で、マスターノードになった場合の報酬イメージは以下の通りです。

報酬イメージ

-仮定条件-
取引手数料0.1%で、全取引が同額の取引と仮定して計算。
*https://coinmarketcap.com
**2019年2月時点の各ランクの平均値となります。

実際のPoR動作テストの実施動画

TPS(トランザクション/秒)処理テスト

3つのマスターノードと5つのノーマルノードを使い、10秒間にどれだけの処理を行えるかという動作テストです。


それぞれのマスターノードが平均8万以上のTPS(トランザクション/秒)を処理できています。10秒間では80万回以上の処理を行いました。

X-Hive(エックスハイブ)の取り扱い通貨

X-hiveが利用しているBEXAMプラットフォームは他のブロックチェーン同士でも取引ペアを作ることができます。

 

クローズドで公開された資料には、以下のアイコンが並んでいるように、今後多くの仮想通貨ペアが生まれることが考えられます。

取引ペア

また、資料内では、「X-Hiveが目指すもの」として、“世界で一番トレードペアが多い取引所を目指す”と明言しています。

X-Hive(エックスハイブ)の取引手数料

X-Hiveの取引手数料は前月のトレードペアごとのトレードボリュームにより、当月の取引手数料が決定されます。

手数料は以下の通りです。

トレードボリューム取引手数料
~ 10,000USD1%
10,001 ~ 100,000USD0.5%
100,001 ~ 1,000,000USD0.2%
1,000,001 ~ 10,000,000USD0.15%
10,000,001 ~ 100,000,000USD0.12%
100,000,001USD ~0.1%

更に、BEXAMトークンで手数料を支払えば、手数料は更に50%OFFとなります。

X-Hive(エックスハイブ)の最新情報が入手できるウェブサイト

X-Hiveについて詳しくは、以下の公式アカウントをフォローして最新情報を入手してください。

 

公式サイト https://x-hive.io/ja

公式ツイッター https://twitter.com/x_hive_

公式Facebook https://www.facebook.com/xhiveexchange/

公式ミディアム https://medium.com/@xhive

公式テレグラム
アナウンスチャンネル https://t.me/XHive_announcement
コミュニティ https://t.me/XHive_community_group

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で最大10,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット 口座開設

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事