公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



※Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)はプロジェクトの進捗スピードが早く、随時サービス展開されていくため、インターネット上には過去の情報も多くみられます。本記事では2019年4月2日現在の情報を記載し、また、考察も含まれるため、リアルタイムな情報は公式サイト(https://ja-cket.com/ja/)や公式テレグラム(https://t.me/JCT_Official)にて入手されることをおすすめします。

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)とは

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)は、シンガポールのOn Parade pte.ltd.が運営するブロックチェーンプロジェクトです。

 

On Parade pte.ltd.の統括の下、韓国、日本、中国でもグループ会社を設置し、アジアを中心に各国でマーケティングを行っていきます。

JaCKET_CompanyProfile

 

今後"JaCKET(ジャケット)"というプラットフォームを起ち上げ、JaCKET内では、日本国内で催されるイベントのチケットやツアー、飲食店の予約など、海外から来日する外国人に向けた様々なコンテンツを提供される予定です。

 

また、JaCKET内では、日本人がだれでもイベントを起ち上げ、チケットを販売することができるため、観光ガイドに載っていないような特別なツアーを組んで外国人旅行者をおもてなすといったことが可能となります。

 

ユーティリティトークンであるジャパンコンテントトークンは、チケット販売の他にも様々な場面で使われることを想定しています。

JCTの利用目的

・電子チケット購入時の支払い方法
・イベント開催、コンテンツ販売時の手数料支払い時の代替
・イベント、コンテンツの売上金の支払い
・チケット購入に伴う特典の配布
・コミュニティ内での有益な情報や協力の報酬

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)の直近のスケジュール

JCTロードマップ

ジャパンコンテントトークンプロジェクトは既にロードマップ通り進んでおり、以下のウェブサービス内でも利用できるようになります。

 

「表彰台の降り方。」2019年1月~

https://career-shift.net/
表彰台の降り方。

アスリートがその人生のすべてをかけて挑む、オリンピック・パラリンピック。
眩しいほどの光が当たる舞台に彼らは上がる。
けれど、閃光の下を駆け抜けたその先にも、彼らの人生は続く。
ノンフィクション作家・小松成美とハンドボール元日本代表主将・東 俊介によるトップアスリート100人へのインタビューで彼らの知られざる生き様を浮かび上がらせる。
アスリートたちの「その後の人生」を通して、誰にもある「自分の人生」が見えてくる。

今後、アスリート達の特別インタビューの閲覧やグッズ、試合観戦や交流イベントチケットの販売等でのJCTの利用が考えられます。

 

※2019年6月からJCTトークンの利用開始

「OTATALK」2019年2月~

https://otatalk.net/
OTATALK 株式会社JaCKET(代表取締役 水山裕文氏)が運営する世界中のオタクファンを繋ぐサイト。

 

2019年4月現在、主にアニメや漫画、ゲームの最新情報を配信しています。今後このサイトでのイベント参加やグッズの販売が考えられます。

 

※2019年6月からJCTトークンの利用開始

「CAMP on PARADE」

https://www.camponparade.com/

CAMP on PARADE

”LUXPRORE”
これ以上ない、贅沢な冒険を。
旅に出る、自然を感じる、焚き火を見る。
幕を張って、鳥の声で目覚める。
これ以上に贅沢な事があるだろうか。

LUXPRORE=Lux + Explore、贅沢な冒険

私たちCAMP on PARADEは、その贅沢な冒険をプロデュースしていく集団です。
ホテル、旅、ギア。
新しい提案をお楽しみください。

株式会社オープンセサミ(代表取締役 水山裕文氏)が運営するグランドツアーやギア、ヴィラタイプのホテルなどを紹介するサイト。

今後、このサイト内でグランドツアーやキャンピンググッズ、ヴィラの予約などの展開が考えられます。

 

※2019年6月からJCTトークンの利用開始

 

その他、計画中のプロジェクトとして、

「BLOOMCAST」

声優さんや2.5 次元俳優によるカルチャーコンテンツ
2.5次元とはマンガやアニメなどの2次元の世界を、3次元の存在である人間が演じること
対象 想定利用ユーザー 200 万人規模

「不登校は不幸じゃない」

児童対象のスクールアプリ
対象想定利用ユーザー 10 万人

でのJCTの実装を計画しています。

 

その後もこれらの事例を基に外部提供は進んでいく計画です。

既存の競合サービスとそれらが抱える課題

既存の他社サービスとして競合と考えられるものとして、以下のようなものが考えられます。

CtoCのツアー販売サービス

voyajinや一起嗨(yiqihi)などのユーザーが自由にツアー設計・販売や新幹線などのチケット取得代行をできるグローバルなサービスが競合と考えられます。これらのサイトでは、外国人は旅行先の一般現地人が設計したツアーに気軽に申し込むことができ、それぞれの国の通貨で支払うことができます。

チケット転売サービス

コンサートチケットなどの転売サービス。

現在日本では、チケットの転売が問題になっており、チケット転売規制法が成立しました。同法律は2019年6月から施行されます。

 

過去には警察が某チケット転売サイトの運営会社元社長をダフ屋の共犯として、詐欺罪で立件したこともあり、チケット転売は深刻な社会問題となっています。

 

主に問題となっている点としては、

  • 転売サイトで購入したが、チケットが届かなかったという被害
  • 興行主が転売チケットでの入場を認めておらず、転売サイトで購入したユーザーが入場できないといった被害
  • 転売サイトで購入したチケットが偽物で、入場できなかったという被害
  • 本来の価格より大幅に高額で転売されても、興行主にはその差益が還元されない点

などです。

 

2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、政府もダフ屋の排除に取り組んでおり、新法律制定とともに、更に転売規制の強化がされていくものと考えられます。

 

ただし、規制は次の2つに限られます。

(a) 業として、興行主やその委託を受けた販売業者の事前の同意を得ないで、販売価格を超える金額で有償譲渡すること(不正転売)

(b) (a)の目的で、譲り受けること(不正仕入)

参考:文化庁 チケット不正転売禁止法 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/ticket_resale_ban/index.html

これらは、例えばチケットを購入した本人が行く予定をしていたが、突然の体調不良で当日行けなくなり、友人に定価で譲った場合などは「業として」転売していないことになるため、興行主が同意をしていれば全く問題はありません。

 

音楽業界公認の『チケトレ(https://tiketore.com/)』といったサイトも現存しており、このサイト内では、ダフ屋行為に反対する『転売NO(https://www.tenbai-no.jp/)』サイト内で賛同アーティストとして記載されている槇原敬之やASIAN KUNG-FU GENERATIONなどのアーティストのチケットも転売されています。

 

このように、興行主や正式な販売業者が同意をしていれば、チケットの転売は問題とはなりません。

ジャパンコンテントトークンが解決できる課題

  • JaCKETプラットフォーム上での売買は、ブロックチェーンであるJCTで行われるため、偽チケットを販売するといった不正ができない。
  • 電子チケットにより、興行当日の入場がきちんと行われた場合に販売者へ売上金を渡すということが可能。(購入者側も販売者側も不正が不可能)
  • 転売者が高額で転売したとしても、興行主へ転売差益を還元することにより、興行主が納得できる価格を規定することが可能。

 

このように、ジャパンコンテントトークンを利用することで、興行主・転売者・購入者の3者が適正な取引が可能となります。

 

今後ジャパンコンテントトークンが提携パートナーと増やしていくことで取り扱えるチケットの種類が豊富になっていくことが考えられます。

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)のパートナー

ジャパンコンテントトークンは既に複数の企業とパートナーシップを結んでおり、今後の更なるパートナー締結次第ではプロジェクトの実現が一気に加速すると考えられます。

 

現時点では以下の通りです。

PartnerOfJCT

※ANA(ANAセールス)との業務提携は、Japan Content Tokenの傘下事業であるCAMP on PARADEとの提携によるものです。

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)のボードメンバー

Hirofumi Mizuyama Chairman

ストラクチャード・ファイナンスおよびプライベート・エクイティで20年以上の経験を有しています。
企業立ち上げ、企業上場、時価総額1,000億円以上の管理に成功しました。
彼は経営陣の一員として、または最大の株主として働いている東京証券取引所に合計4つの企業を上場しています。
ボストンコンサルティンググループのメンバーです。

 

Kenichi Saito CEO

リクルートにて新規事業開発を複数成功裡に行ったうえで、決済インフラを提供するコイニーにて事業開発を主導しました。特に、イベントやグルメの分野で15年以上のビジネス開発経験(雑誌、フリーペーパー、ウェブ、ショップ、支払い) 彼は “Discover Japan”デジタルビジネスを担当しています。
日本でモバイルペイメントインフラストラクチャを構築するために設立されたCoineyの最初のメンバーで、ビジネス開発マネージャーを担当しています。

Hirochika Horiuchi CCO

ポンデライオンの生みの親。様々なコンテンツ、ブランドの統一的な展開を立案、実行する売れっ子クリエイティブディレクターである。JCTプロジェクトに電通をやめて飛び込んだ。

【代表作品】

・ポン・デ・ライオン

・ドリカムのシングルのジャケットデザイン

Shunsuke Azuma  コンテンツ開発担当ディレクター

ハンドボール日本代表チームキャプテンとして数々の国際試合へ出場。ハンドボール日本選手権など9度の日本一。自身の持つ多彩な人脈を活用したコンテンツを開発すべくJCTに飛び込んだ。

Kazuki Obata コンテンツマネジメント担当

1994年生まれ。約10年の不登校を経験。高校3年で起業。47都道府県すべてから起業家・政治家・クリエイターが集う『地方創生会議』を主催。最年少で内閣府より地域活性化伝道師の任命を受ける。著書に『学校は行かなくてもいい』など。

以上ボードメンバー参照:https://apostolos-x.com/?p=19

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)の配分とロックアップ

保有者ロックアップ目的
30%JCT pte.ltd(自社)5年後~15年後までに
年間3%ずつ開放
長期的なサプライコントロール
8%従業員1年後~4年後までに
年間2%ずつ開放
内部メンバーのインセンティブ
2%エアドロップ及び
取引所を通じて販売
ロックアップ無市場での販売
25%パートナーの持ち分35%…ロックアップ無
35%1年ロックアップ
35%2年ロックアップ
パートナリングのためのバッファー
35%創業メンバー及び関係者による実投資10%…ロックアップ無
15%
6カ月ロックアップ
15%
1年ロックアップ
20%
2年ロックアップ
20%
3年ロックアップ
20%
4年ロックアップ
創業メンバー及び関係者による実投資

上記の通り、ジャパンコンテントトークンはユーティリティトークンであり、実際に利用される中で流動していくトークンのため、当面の間、(パートナー及び創業メンバー・関係者が売らなければ)一般投資家が取引所で購入できる数量は全体の2%となっています。

 

今後サービスがローンチされ、サービス内で利用され、流動性が上がり、市場のニーズに合わせて解放されていくという設計となっています。

仮想通貨取引所BitForexにてIEOを実施

2019年3月26日~4月1日まで、コインマーケットキャップ上位の仮想通貨取引所BitForexにてジャパンコンテントトークンがIEOを実施しました。

JCT_IEOonBitforex参考:https://event.bitforex.com/en/JCT.html

 

それに伴い、すでに上場している各取引所では大きく値を上げています。

JCT_coingecko

参考:https://www.coingecko.com/en/coins/japan-content-token#panel

 

上記Bitforexのイベントページに記載のあるように、IEO価格が0.025USDTで行われたことからすでに倍の価格を付けています。(4月2日05:00現在)

BitForexの登録方法は「BitForex(ビットフォレックス)の登録、口座開設方法と使い方を解説!【5分で分かる】」を参考にしてください。

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)が購入できる取引所

現時点でジャパンコンテントトークンは以下の取引所へ上場しており、複数のペアで取引が可能です。

 

  • BitForex
  • Latoken
  • Bitaladdin
  • Simex
  • p2pb2b

Japan Content Token(ジャパンコンテントトークン/JCT)の最新情報が得られるウェブサイト

日本が有するオリジナルコンテンツの提供者を守り、今後おもてなし大国として成長する日本への旅行を海外の人々が安心して愉しむことができるジャパンコンテントトークンの今後の展開に期待する方は以下で最新情報を得ることができます。

 

公式サイト:https://ja-cket.com/
Telegram:https://t.me/JCT_Official
Telegram in Vietnamese : https://t.me/jctvietnam

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在レバレッジ取引で5,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事