FESアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!



FinTech Economy Summitとは

2019年2月27日㈬12:00~FinTech Economy Summit(フィンテックエコノミーサミット/FES)が、ANAインターコンチネンタル東京にて開催されます。

 

当日は国内外より、ブロックチェーン企業、セキュリティ関連企業、行政団体等が一堂に集結し、
・今後の金融ビジネス法規制
・ブロックチェーンの活用方法
・企業のセキュリティの在り方
等の多角的な情報が提供され、また、来場者とのコミュニケーションが図られます。

 

フィンテック領域における、ブロックチェーン業界は、資金調達を目的とした黎明期を経て、今後成長期に突入します。
今後世界でも次々と新しいサービスがローンチされる中、日本でも、フィンテックに関する正しい知識と、業界関係者の相互理解は不可避です。

 

2月1日に銀座にオープンした日本最大のブロックチェーン企業専用コワーキングスペース「BINARYSTAR」のオープニングセレモニーでも、「ビジネス×法律×技術:ブロックチェーンが実現する次世代のビジネスモデル」という主題で基調講演が実施されたように、今後は投機的な仮想通貨投資ではなく、ブロックチェーンのビジネス実装が進んでいくと考えられます。

 

FinTech Economy Summitは日本のブロックチェーン業界をけん引してきたToken News HKやTeamz 、Blockchain EXEが共催しており、これまでの日本及び世界でのブロックチェーン業界の動向、そして今後のビジネス実装に向けて、どんな心構え・準備が必要かが語られると考えられます。

 

項目 説明
カンファレンス名 FinTech Economy Summit(フィンテックエコノミーサミット/FES)
開催日 2019年2月27日(水)12:00受付開始~18:30(予定)その後懇親会
プログラムはこちら
開催場所 ANAインターコンチネンタルホテル東京
〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33[MAP]
主催 一般社団法人トークン ニュースブロックチェーン評議会
共催 FES実行委員会《Token News HK/Teamz/Blockchain EXE/BINARYSTAR》
プログラム構成 基調講演・展示・懇親会
チケット料金 数量限定早割チケット ¥1,500
前売りチケット ¥3,000
当日券 ¥5,000懇親会参加券付き前売りチケット ¥12,000
懇親会参加券付き当日券 ¥15,000※数量限定早割チケットは売り切れ次第、終了となります。懇親会は参加上限数がありますので、売り切れ次第終了となります。予めご了承下さい。

 

※このカンファレンスでは、販売やあっせん等はありません。

FES実行委員会のToken News HKとは

Token News HK(トークンニュースHK)は香港に本社を構える、ブロックチェーン関連事業のコンサルティング会社です。ブロックチェーン業界において独自のネットワークを持ち、過去にも世界中でカンファレンスやミートアップを開催しています。

 

自社で運営するメディアでは、世界中のブロックチェーンプロジェクトの最新情報を提供しています。
Token News HKオフィシャルサイト:https://tokennews-hk.com/

 

また、名古屋証券取引所セントレックスに上場する、株式会社オウケイウェイヴ(3808)とも業務提携しています。
参照:https://www.okwave.co.jp/press/20171006/

FES実行委員会のTeamzとは

TEAMZ(ティームズ)はブロックチェーンプロジェクトを成功へと導く総合コンサルティング会社です。

 

TEAMZが提供するサービスは
・TEAMZ BLOCKCHAIN SUMMIT
・TEAMZ Strategy
・TEAMZ Chain Talk
・TEAMZ Capital
に分かれており、特に、過去に開催されたTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITでは、世界のブロックチェーン業界のリーダーたちのゲスト講演はじめ、堀江貴文氏もビデオ出演するなど、話題を呼びました。

次回のTEAMZ BLOCKCHAIN SUMMITは2019年4月6日に虎ノ門ヒルズにて予定されています。

 

TEAMZ Strategyでは、ブロックチェーンプロジェクトの初期段階の戦略立案・チームビルディング・資金調達から、取引所への情報・国際化/ローカライゼーションまでプロックチェーンプロジェクトを成功に導くためのソリューションを提供しています。

 

TEAMZオフィシャルサイト:https://www.teamz.co.jp/

FES実行委員会のBlockchain EXEとは

Blockchain EXE(ブロックチェーンエグゼ)は、今後あらゆる産業に広く応用が期待されるブロックチェーンに関して、動作原理・基礎・応用など技術面の共有に重きを置いたエンジニアコミュニティです。これまでに多くのハッカソンを開催しており、世界各地でブロックチェーンエンジニアの育成、ブロックチェーン技術の啓蒙活動を行っています。

 

自社が運営するメディアでは、技術者目線でのコラムも多く、これからブロックチェーン技術を学びたい方にとっては貴重なコンテンツをそろえています。

また、事業・サービスを実装する際の法規制・法的問題点に重きを置いた「Blockchain EXE Legal(ブロックチェーン エグゼ リーガル)」も展開しています。

 

Blockchain EXEオフィシャルサイト:https://blockchainexe.com/

FES実行委員会のBINARYSTARとは

BINARYSTAR(バイナリ―スター)は、企業がブロックチェーン技術を導入する際のビジネス・法律・技術といったブロックチェーン事業を取り巻く全ての領域においての支援を行うコンサルティング会社です。

 

先日2019年2月1日に銀座中央通りに位置するキラリトギンザ11階に、ブロックチェーンに特化した日本最大のコワーキングスペースをオープンさせています。

BINARYSTARにはそれぞれの領域においてのプロフェショナルがアドバイザーに就任しており、今後ブロックチェーン事業導入の具体策立案から実行支援まで地に足のついたサービスの提供が可能となっています。

 

さらに、インキュベーション・アクセラレーションも計画しているため、ブロックチェーンの技術者、メディア、企業が集まるそのコワーキングスペースが日本のブロックチェーン業界の最先端となっていくことも考えられます。

 

BINARYSTARオフィシャルサイト:http://binary-star.work/

仮想通貨市場が冷え込んでいる今、FinTech Economy Summitに参加する理由

仮想通貨の情報というとらえ方ではなく、フィンテックというとらえ方を

先日、Blockchain EXE代表の石井敦氏が登壇した、日本最大のブロックチェーン専用コワーキングスペースBINARY STAR(キラリトギンザ11階)のオープニングイベントでの講演でも言及されたように、今後、ブロックチェーン技術のビジネス実装が始まっていきます。

 

上記で解説した通り、FinTech Economy Summitは、これまで、国内・海外にてブロックチェーン業界をけん引してきた企業が中心となって開催されるカンファレンスのため、技術的な分野、そして世界各国のブロックチェーン事情などが話されることが考えられます。

 

「ブロックチェーン技術が社会に応用されることで、私たちの生活がどのように変わるのか。」を考える機会となり、同時にそれはビジネス展開するための糸口を見つけることにもなるかもしれません。

一方的な情報伝達ではなく、来場者一人ひとりが抱えている疑問を解消する一日

FinTech Economy Summitは登壇者の一方的な情報伝達ではなく、”来場者すべての交流を目的としており、”とプレスリリースにもある通り、普段感じている疑問等を直接聞くことができることも魅力の一つです。

 

当日はスタンフォード大学やシリコンバレーをはじめ、世界各国からブロックチェーンハッカソンを行い、現役のブロックチェーンエンジニアとして第一線で活躍する企業の代表が登壇すると現時点では発表されています。

今後登壇者は明らかにされていきますので、順次当メディアでも掲載していきます。

このカンファレンスに向いている人

FinTech Economy Summitには以下のような方が向いていると考えられます。

 

  • 最新トレンドからブロックチェーンの未来と可能性を感じたい方
  • ビジネスの中でブロックチェーン応用を検討している事業者/技術者
  • 仮想通貨のクローズドな情報を得たい投資家
  • ブロックチェーン業界においてつながりを作りたい方

 

※領収書は申し込み後の確認メールより発行が可能です。

FinTech Economy Summit会場への行き方

お車でご来場の方

500台収容可能な駐車場あり(10分 / 200円(最大4,000円 / 日))

電車でご来場の方

地下鉄銀座線/南北線「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分

プログラム

時間 概要
12:00 入場受付開始
13:00-13:20 FES開催のご挨拶と暗号通貨から暗号資産への転換期
(一般社団法人トークンニュースブロックチェーン評議会)
13:25-13:55 セキュリティーの重要性と変化に関して
(株式会社レオンテクノロジー)
14:00-14:30 ブロックチェーンを普及させる実用的なウォレットアプリケーション
(Infinito Solutions Pte. Ltd)
14:35-15:05 ブロックチェーン技術がビジネスに与える衝撃
(BINARYSTAR株式会社)
15:20-15:50 STO (Security Token Offering)がもたらす未来
(株式会社EMURGO)
16:00-16:45 ブロックチェーンが築く経済圏:社会実装と課題
(Blockchain EXE presents)(株式会社博報堂:伊藤 佑介/Enterprise Ethereum Alliance:石黒 一明/株式会社Gaudiy:石川裕也/株式会社日立製作所:齋藤 紳一郎/トライデントアーツ株式会社:町 浩二)
16:55-17:10 FinTech領域に関する規制について
17:20-18:05 データ活用とIoT×ブロックチェーンの役割
(Blockchain EXE presents)(クーガー株式会社:石井 敦/ZEROBILLBANK:堀口 純一/日本アイ・ビー・エム株式会社:平山 毅/株式会社ケンタウロスワークス:河﨑 健一郎)
18:05-18:20 閉会のご挨拶
(一般社団法人トークンニュースブロックチェーン評議会)
18:30 懇親会

登壇者プロフィール

吉田洋介氏

吉田洋介氏

株式会社EMURGO 代表取締役副社長

応義塾大学経済学部卒業後、丸紅株式会社に入社。案件開発責任者、国際入札案件のプロジェクトマネージャー、事業投資責任者など、多岐に渡るビジネスを経験。
15年間で担当した主な国は、中国、インドネシア、ベトナム、韓国、フィリピン。幼少期を7年間、9歳までニューヨークで過ごす。

現在は世界Top10に入るブロックチェーンプロジェクトである”Cardano”を構成する中核企業であるEMURGOの副社長とビジネス面の最高統括責任者を兼任。

守井浩司氏

守井浩司氏

株式会社レオンテクノロジー 代表取締役社長
ホワイトハッカー集団でサイバーセキュリティ事業を主軸とする。デジタル化の進展により、各企業にとってのIT戦略及びサイバーセキュリティ対策は、経営を左右する重要課題となってきている中、一般企業から官公庁、地方自治体、大学・教育機関と多岐に渡る産業のセキュリティのサポートを行っている。

石井 敦氏

石井敦氏

Blockchain EXE クーガー株式会社 代表取締役 CEO
オープンイノベーションを加速させるために民間、個人、大学が 連携していくことを目的とする日本発ブロックチェーンTech コミュニティである。ニュースメディアでは、基礎から応用まで理解 を深める情報を配信中、企業様と共同ハッカソンイベントで技術に ふれる場を提供、ミートアップでは、多種多様な人々と意見交換を 行えるイベントを月に一回のペースで開催、業界内で非常に多種 多様な繋がりがあるので、それらを活かしたブロックチェーン ビジネスの成長をサポートする活動も行なっている。

ELLENA KI氏

EllenaKi氏

インフィニト株式会社 マーケティング・リーダー
香港および日本における国内外の債券、株式および投資ファンドを含む国境を越えた取引のための決済および関連証券サービスの財務管理ポジションとしての14年以上の実務経験。

現在、BTC、ETH、ADA、EOS、NEO、ONT、LTC、BCH、ETC、DASH、DOGEおよびGAS、ONG、そしてERC20、NEP-5、EOS上に構築されたすべてのトークンをサポートするインフィニト・ウォレットのマーケッティング・リーダーとして活躍。

赤羽 雄二氏

赤羽雄二氏

BINARYSTAR アドバイザー/インキュベーションマネジャー

マッキンゼー14年の後、ブレークスルーパートナーズとして日本のベンチャー支援に深く関わってきた。それに加え、現在はBINARYSTAR株式会社のアドバイザーであり、日本を含むアジア各国のブロックチェーン企業の支援をしている。 今回の講演「ブロックチェーン技術がビジネスに与える衝撃」では、日本企業が過去30年失った競争力をブロックチェーンを活かしてどう挽回することができるか、どのような新しいイノベーションを追求すべきかについて、経営改革への深い知見に基づいて話す。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!



  • 炭火焼肉たむらADA決済導入
    たむらけんじ氏の「炭火焼肉たむら」がCardano ADA決済導入決定。ローンチイベントも開催!
  • HuobiにZLAとSRNが上場
    海外取引所Huobi(フオビ)にSRN(Sirin Labs Token)とZLA(Zilla)が新規上場!
  • Huobiのロゴ画像
    中国三大取引所のHuobi(フオビ)がシリコンバレーに新たな拠点を設置か!
  • Huobiのロゴ画像
    Huobiが9,000万ドルを超える中韓向けのブロックチェーンファンドを設立!
  • モネロ(MONERO)のロゴ画像
    Monero(モネロ/XMR)がHuobi.Proに上場!
  • HuobiがBittradeを買収
    Huobiが国内取引所BitTrade(ビットトレード)の買収発表!正式に日本進出へ
おすすめの記事