機関投資家仮想通貨アイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

米国の仮想通貨OTC取引で「買い」が増加中

2014年に創立し仮想通貨のOTC(店頭)取引を手がけているCumberland社は1月8日に、「買い手と売り手が直接取引をするOTC取引に米国の機関投資家が殺到している」ことを発表しました。過去1週間を見てみると、OTCの買いと売りの比率が買いに60%近く上昇したとのことです。

 

Cumberland社の公式Twitterはこちら

この状況について、Cumberland社と同じくOTC取引を手がけるGenesis Global Trading社のCEOであるMichael Moro氏は、「年末は税金対策もあって売りが進行する傾向にあったが、年始になってその状況が落ち着き、買いが進行し始めているのではないか」と考察しています。

 

OTC取引はここ最近、その流動性の高さなどから、機関投資家の間で需要が高まってきています。米国の仮想通貨決済企業サークルは1月3日、2018年のOTC取引高の想定額が240億ドル(約2兆5900億円)になることを発表しました。

 

米国では仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)も、機関投資家向けにOTCトレーディングデスクを設立しているようです。

Coinbaseの機関投資家へのサービスについて詳しく知りたい方は【CoinbaseがCustodyサービスを開始!機関投資家に仮想通貨の預け入れサービスを提供!】の記事も参考にしてください。

 

昨年一年間伸び悩んだ仮想通貨業界に、OTC取引の増加が一つの希望になるかもしれません。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事