公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ブレイブサウンドトークン(BRST )とは?

ブレイブサウンドトークン(BRST )とは、韓国の人気アーティストである Brave Brother(勇敢な兄弟)、本名カン・ドンチョル(강동철)が発表した音楽ストリーミングサービス(Brave プラットフォーム)において利用できるトークンです。

 

この独自トークンを用いることで、アーティストとリスナーが直接つながることが可能になります。開発はBlockchain Technology Malaysiaが行なっており、アドバイザーには仮想通貨の大資産家の一人として知られているロジャー・バー氏が就いています。韓国一の作曲家と世界的に有名な仮想通貨の大資産家のコラボとして大きな注目を集めています。

 

Sound Blockchain Technologyが発行するBRSTトークンは、Brave Brotherが作曲した楽曲をプラットフォーム内で利用できる通貨となっています。イーサリアム(ETH)スマートコントラクトを搭載しており、トークンを使用してアーティストに対する音楽ダウンロードの支払いや、様々な購読・商品の購入が可能になるとのことです。

 

 

ブレイブサウンドトークンのメンバー

Brave Entertainment CEO Brave Brother(勇敢な兄弟)

カンドンチョル

Brave Brother(勇敢な兄弟、本名カン・ドンチョル)は韓国の音楽プロデューサーです。「ヒップトロニカ(ヒップホップ+エレクトロニカ)」ミュージックを大衆化させ、2000年代のK-POPをリードしています。BIGBANGや超新星、青山テルマの楽曲もプロデュースしています。

 

Sound Blockchain Technology CEO Sato Kohsuke

SatoKohsuke

佐藤 洸佑氏は既にブレイブサウンドプロジェクト用のツイッターアカウントを開設し、日々情報発信を行っています。

佐藤氏について、まだ詳しい素性は明かされていませんが、20代で複数の飲食店を経営してきた若手実業家のようです。三戸 尚樹氏、岸田 裕也氏とともに今回のプロジェクト開発メンバーに名を連ねています。

김사무엘(キム・サムエル)

キム・サムエル

キム・サムエル氏はスパニッシュ系アメリカ人の父親と韓国人の母親の間に生まれ、歌やダンスをメインに韓国で活動しているの16歳の(2018年現在)アーティストです。語学は韓国語のほかに英語、スペイン語、日本語という4か国語が堪能で、音楽の才能やその甘いマスクから「韓国のジャスティンビーバー」とも称されています。

 

2017年に「Yahoo! アジアバズアワード」で年間最多検索韓国新人歌手賞を受賞し、2018年には第二回となる韓国の音楽授賞式「ソリバダベストケイミュージックアワード」で新韓流パフォーマンス賞を受賞するなど、実績も十分な期待の若手アーティストです。

 

キム・サムエル氏の公式ブログはこちら

Roger Ver

ロジャー・バー氏はアメリカ出身のエンジェル投資家の一人です。2006年から日本に住みコンビューター事業に成功した後、2011年に当時1BTC1ドル程度であったビットコイン(BTC)に100万ドル以上出資し、日本円にして数千億円から数兆円の資産を築き上げました。

 

2014年にはビットコインの総合ポータルサイトを運営する会社Bitcoin.comのCEOになり、2016年にはビットコイン財団の創設者5人の内の1人となるなどビットコインの普及に精力的であり、またの名を「ビットコインの神」とも呼ばれています。本プロジェクトには、ロジャー氏がアドバイザーとして関与しています。

 

ロジャー・バー氏の公式SNSまとめページはこちら

ブレイブサウンドトークンのプラットフォーム

既存プラットフォームの課題

Brave Entertainmentは、既存の他社の音楽ストリーミングサービスにおいて、下記のような課題があると感じています。

 

  • プラットフォーム運営者が正しく印税を支払いしているのかが不透明
  • 無料ストリーミングサービスを実施しているアプリの著作権問題
  • 国外のユーザーが支払いをする際の不自由さ

ブレイブサウンドプラットフォームでの改善

そこでBrave Entertainmentは、ブロックチェーンに基づく音楽ストリーミングサービスであるブレイブサウンドプラットフォームを立ち上げることで、これらの問題の解決を試みました。Braveプラットフォームでは、リスナーは1曲につき1枚のBRSTを支払うことで楽曲をダウンロードすることができます。

 

Braveプラットフォームでできることとして、ホワイトペーパーでは以下の6つが挙げられています。

  1. リスナーからアーティストへの直接の支払い
  2. ファンからの特別寄付
  3. 広告主からの支払い
  4. ストリーミングコンテンツからの支払い
  5. ロイヤリティ確保に向けた複数の代替チャンネルの利用
  6. 支払い方法の一元化

ブレイブサウンドトークンのセールについて

ホワイトペーパーによると、BRSTのトークン数は216億枚で、トークンセールの日程、価格設定については以下の通りです。

 

セール名 日程 価格設定
プレセール 2017/11~2018/12 1BRST=1セント
公開トークンセール 2018/1/3~2019/3/31 1BRST=1.25~1.5セント

 

現在1BRST=1.25~1.5セントの価値であるため、1曲1BRSTで購入できることを考えると、1曲あたり約2円で購入できることがわかります。このことからも、BRSTトークンが今後流行っていくだろうと人々から注目を集めていることがわかると思います。

 

公開トークンセールは2019年の3月末で終了予定となっています。

 

また、トークンセールにおける割り当ては以下のようになります。

    • 60% クラウドセール
    • 20% コミュニティ(ロック)
    • 15% 開発チーム
    • 5% エアドロップ、イベント

ブレイブサウンドトークンのロードマップについて

ホワイトペーパーにおいて公開されたロードマップでは、開発スケジュールについて下記のように報告されています。

 

 

項目 内容
2018年9月 ・市場分析、研究

・プロジェクト計画

・ホワイトペーパー原案作成

・アーティストとの提携

2018年12月 ・ICOウェブサイトとマネジメントポータル作成

スマートコントラクトの開発

・ウォレットの開発

KYCシステムの構築

・ICOのプレセール

2019年1Q、2Q ・ICOイベント

・ICOセール

・Braveプロトコルの開発

2019年3Q、4Q ・Braveのα版をローンチ

・Braveのβ版をローンチ

 

さらに今後の計画についてホワイトペーパーでは、ICOの6ヶ月後に製品の最初のリリースを行い、モバイルアプリ、ウォレット、ウェブアプリが利用可能になると記載されています。

ブレイブサウンドトークン(BRST)の登録方法

ブレイブサウンドトークンのICOで購入することができるBRSTの登録方法をICO初心者にも分かりやすく、英語の翻訳を入れながら、1つ1つ画像つきで解説していきます。

メールアドレスとパスワードを登録

まずはブレイブサウンドトークン公式サイトにアクセスし、「REGISTER」をクリックします。

BRST購入方法1

 

「Email(メールアドレス)」、「Password(パスワード)」を入力し、「REGISTER」をクリックします。

BRST購入方法2

 

確認メールが送信されました。

BRST購入方法3

 

届いたメールを確認し、「Activate Account」をクリックします。

BRST購入方法4

 

アカウントのアクティベートが完了しました。引き続き、「Login」をクリックします。

BRST購入方法5

 

「Email(メールアドレス)」、「Password(パスワード)」を入力し、「LOGIN」をクリックします。

BRST購入方法6

KYCの登録

KYCの登録画面です。

注意事項を読み、「姓」「名」「生年月日」「性別」「電話番号」を入力し、「Continue」をクリックします。(Middle Nameは空欄可能です。)

Brave ICOを購入してウォレットの機能を使用するには、本人確認をする必要があります。詐欺行為を防止するためのAML / KYCポリシーに従って、個人情報および補足文書を提供してください。検証を受けるのはとても簡単です。以下の手順に従って正常に完了してください。

質問がある場合は、サポートチームsupport@bravesound.ioに連絡してください。

BRST購入方法7

 

住所を入力していきます。英語表記で入力する必要があります。JuDress(http://judress.tsukuenoue.com/)を利用すると、簡単に英語表記に変換できます。

BRST購入方法8

 

以下を入力します。

  • Purpose of Investment(投資の目的)
  • Planned Investment per month(1カ月あたりの投資計画)
  • Industry(業種)
  • Work Type(職種)
  • Tax ID (Optional)(任意でマイナンバーを入力)

BRST購入方法9

 

身分証(パスポート)を登録します。

  • Nationality(国籍)
  • Document Type(パスポート)
  • Expiry Date
    パスポートの期限を入力します。
    (dd/mm/yyyy ex: 31/12/2000)
  • Document ID Number
    パスポート番号を入力します。
  • Document Image
    上記で入力した身分証(パスポート)の画像をアップロードします。
    アップロードする画像サイズはpng又はjpg形式、2MB以内のものを使用します。

 

なお、Utility Billは公共料金の請求書などを使用しますが、お手元に無い場合はサポートチームsupport@bravesound.ioに相談の上、現住所及び氏名が掲載された請求書・領収書を使用します。

BRST購入方法10

 

入力した内容の確認画面に移動します。内容に間違いが無ければ、「Submit」をクリックします。

BRST購入方法11

 

しばらくすると、メールにて、KYC確認完了の報告が届きます。

BRST購入方法12

 

ブレイブサウンドトークン(BRST)への交換手順

管理画面にて、「Receive」をクリックし、BRSTに交換するためのイーサリアム(ETH)をウォレットへ送信します。

BRST購入方法13

 

ご自身のウォレット(My Ether Walletなど)から、イーサリアム(ETH)を送り、ウォレットに着金したら、いよいよBRSTへの交換作業です。

 

ここでは、1ETH分のブレイブサウンドトークン(BRST)への交換の場合を例に紹介していきます。

「Purchase」をクリックし、「FROM Ether」に交換数分のETH量を入力し、BRSTの数量を確認し、「Proceed」をクリックします。(この際、最低0.005ETHのトランザクション手数料が発生します。)

BRST購入方法14

 

交換手続きをしたら、「Transactions」をクリックします。

「Status」が「Pending」から「Success」に変わったら交換完了です。

BRST購入方法15

ブレイブサウンドトークンの今後の将来性について

BRSTは前述のとおり、韓国の大手音楽芸能事務所とロジャー・バー氏がコラボしたプロジェクトということで、全世界から注目を集めています。加えて、音楽を1曲約2円という低価格で購入できる点や、従来の音楽業界が抱えている印税の不透明さや著作権問題、国外からの支払いの不便さなどの問題点を解決できる点などから、大きな期待をされていると言えます。

 

今後の展望としては、単なる音楽配信サービスに閉じることなく、レンタル事業やアーティストのLiveチケットの選考販売・オークション機能など、ファンとアーティストのコミュニケーションツールとしてさらなる拡張を予定しており、より業界にインパクトを与えていけるようなサービスを展開予定とのことです。

ブレイブサウンドトークンの口コミ・評判について

ブレイブサウンドトークンは情報解禁が行われたばかりなので、まだまだネット上に口コミは少ないですが、随時更新していきます。

11月25日にフィリピンで行われたブレイブサウンドトークンのカンファレンスの様子を見る限り、今後韓国・中国でマーケティングが行われることが見受けられます。

 

ブレイブサウンドトークンのプロモーションビデオがリリース


ICOについてさらに詳しく知りたい方は【ICOとは?メリット、デメリット、IPOとの違い、参加時の注意点を解説!】、【【仮想通貨ICO】2018年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!】の記事を参考にしてください。

 

Brave Entertainmentの公式HPはこちら

 

1/31(木)追記:ジャパンブロックチェーンカンファレンスへの出展とミートアップ開催

1月30日、31日開催のジャパンブロックチェーンカンファレンスへのブース出展及び、登壇、夜にはミートアップ(シークレットライブ)も開催されたようです。

追記:ブレイブサウンドトークン(BRST)がDigifinex(ディジフィネックス)に上場

2019年5月14日ブレイブサウンドトークン(BRST)は仮想通貨取引所Digifinex(ディジフィネックス)でのIEOを経て上場しました。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事