TRON(TRX)が正式にBinance Info Gold Label Projectに選定!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

TRONがBinance Info Gold Label Projectに選定

Binance Infoが、プロジェクトに関する情報をユーザーに正確に提供し、仮想通貨プロジェクトを宣伝するGold Label Projectをスタートしました。今回一番最初に選ばれたコインはTRON(TRX)となりました。

 

今後Binance(バイナンス)のユーザーたちは、TRONの設立メンバーの情報やTRXコインの普及率などについて、新しい情報を逐一確認することができるようになります。

 

26日にBinance InfoがGold Label Projectをスタートしましたが、それによってICOを含む数々の仮想通貨プラットフォームは、数百万人のユーザーを対象に適用されています。これらのプロジェクトに関するプレスリリースやニュースはこのGold Label Projectプラットフォームに掲載され、現在100ものプロジェクトが特集されることが決まっています。

Binance Gold Label Projectの試験運用期間

現在Binance Gold Label Projectは試験期間中です。

 

現段階では、仮想通貨プロジェクト側が提出した情報を一般のユーザーたちが審査し、そのプロジェクトに十分に透明性があるかどうかの判断を行っている状態です。その後、市場データやニュースの更新、評価報告書などの情報のアップデートはプロジェクトのチームの責任のもと行われるようになります。

TRON-Binance 提携について

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao (CZ)氏とTRONの設立者であるJustin Sun氏はビジネス上のパートナー同士になったように見えます。しかし彼らがお互いに大規模な協力の姿勢を見せるのは、今回が初めてという訳ではありません。

 

以前にCZ氏が国連世界投資フォーラムに参加し、最近のBlockchain Charity Foundation (BCF)での活動報告を行いました。BCFは、今年の夏に日本で起こった洪水の被害者を支援するために、仮想通貨で資金調達を行う慈善団体です。

 

CZ氏は「Justin Sun氏は多額の仮想通貨を寄付し、さらにTRONのブロックチェーンを通じて迅速かつ安全な取引システムを構築するのを手助けしてくれました。日本の洪水の被害者に対してより多くの寄付金として、今もTRONが集めれらています。」と述べました。

 

TRON (TRX) Gets Officially Promoted at Binance Info Gold Label Project

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事