Huobiのロゴ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

coincheck-side_banner

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠商事株式会社や株式会社電通グループも出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!
ワンタップで買える販売所のスプレッドが業界最狭クラス!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

現在HuobiGlobalは日本人の利用を制限していますが、2018年に日本の仮想通貨ライセンスを取得した【フォビジャパン】の利用が可能です。フォビジャパンの口座開設方法について知りたい方は【フォビジャパンの口座開設方法・登録方法を画像付きで解説】を参考にしてください。

HuobiがビットコインABCの取り扱いを開始

ビットコインキャッシュハードフォークにおけるハッシュウォーは正式にはまだ終わっていませんが、大手仮想通貨取引所のHuobiはビットコインキャッシュ ABCを今回の勝者とし、ABCチェーンを正式なビットコインキャッシュトークンに任命することを発表しました。

 

ハッシュウォーの暫定の結果について知りたい方は、【ハッシュウォー:ビットコインABCが50ブロック以上リード!】を参考にしていただければと思います。

 

Huobiは、ビットコインキャッシュのABCフォークはビットコインキャッシュの仕様を引き継ぎ、SVチェーンはBSVの名前で取り扱うことを正式に発表しました。両方のトークンのデポジットは11月19日から開始され、ビットコインキャッシュトークンは1:1の割合でBSVの保有者に再配布されます。関係者の多くはこの判断に賛成しているようですが、ロジャー・バー氏のプロジェクトはCraig S. Wright氏に比べあまり信憑性がないと指摘する声もちらほら上がっているようです。

その他取引所の動向について

今回のフォークに最初に立場表明をした大手仮想通貨取引所のKrakenは、ハッシュウォーがまだ始まったばかりの頃から、ビットコインキャッシュABCを正式なビットコインキャッシュトークンとして取り扱うことを表明していました。

 

一方で、Binanceは引き続きビットコインキャッシュの行く末に対し中立の立場を守っています。CEOのCZ氏は、Twitter上で今回のハードフォークに関し否定的なコメントを残しており、どちらのコインが真のビットコインキャッシュになるのかの明言は避け、Binanceはビットコインキャッシュ ABC、ビットコインキャッシュ SV両方のチェーンを支持することになりました。トークンはビットコインキャッシュABC、ビットコインキャッシュSVとして取り扱われるとの事です。

 

Binanceのビットコインキャッシュのハードフォーク への対応については、【Binanceが2つのBCHフォークを取引ペアとして上場させたことを発表!】を参考にしてください。

 

Huobi to list new Bitcoin Cash ABC fork as BCH

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(Coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFactomなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事