公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



ABCチェーンが50ブロック以上リード

ビットコインキャッシュ(BTC)のハードフォークに注目が集まっていましたが、556766のチェーン上で最後の共通ブロックが見つかったあと、ブロックチェーンが2つに分岐しました。これまでどちらのチェーンも順調に進んでいますが、この記事を執筆している時点では、ABCチェーンはSVチェーンより50ブロック以上もリードしています。

 

現在は双方のマイナーがチェーンをマイニングしていますが、この分岐はBitcoin.comが午前1時にマイニングしたものとは全く異なるチェーン上で、SVのマイナーが午後1時22分に556767ブロックをマインニングした時点で固定されました。

今回のフォークに関する様々な議論

今回のフォークに関して、双方のフォークの立場から様々な議論が飛び交い、双方のキャンプから一日中ライブ配信や放送が行われました。

 

ジハン・ウー氏氏は前回の記事で述べた通り、今週始めから沈黙を守っていましたが、本日、Bitcoin.comがABCのルールセットの構成変更とともに最初のブロックのマイニングを成功させたことを祝福しました。彼はツイッターで、「ビットコインキャッシュのコミュニティーにおいて、今後これ以上負のガンマが起こることはないでしょう。おめでとう。」とコメントしています。

 

Craig Wright氏は普段ツイッターで活発に発言していますが、フォークの最中はほとんど発言しませんでした。しかしブロックが556781に達し、SVチェーンがかすかにリードしたタイミングで、「今回のフォークで、ユーザーのトランザクションが失われることはありません。リードしているのは、SVです」述べました。

 

さらにKeyport.tvのHashwar.liveポッドキャストチャンネルで、Cashpay SolutionsのBCH Boys、Daniel Krawisz、Ariと共に出演しました。また、Coinspice live stream channelというサイトでもたくさんの人がこのフォークに関する議論をしていました。その会にはBitcoin.comのロジャー・バー氏や、イーサリアムのヴィタリック氏、Shitcoin.comのAndreas Brekken氏などのスペシャルゲストも気軽に参加したとのことです。

ABCチェーンとSVチェーンの現在のマインニング状況

現在、ABC側の方がより多くのブロック、ハッシュレートを集めています。

 

一日を通じて、双方のチェーンが多種多様の大きなブロックをマイニングしました。ABCチェーン側では、特にBitcoin.comとBTC.comが4-8MBの間の大きさのブロックをマイニングしました。一方SVチェーン側は、Coingeekやほかのプールが最初の数時間で幾つかの大きなブロックをマイニングしました。

 

当初、BTC.comとBitcoin.comプールが最も多くのABCブロックを発見し、その後BitmainのAntpoolがABCチェーンのマイニングを開始。中国のマイニングプールであるViabtcもAntpoolに続き、その後参加し始めました。同様に、CoingeekとSV Poolが最初のSVチェーンブロックを制覇。BMG Poolは最後の方まで参加せず、最終的に少量のブロックだけマイニングするという結果になりました。

 

Coin Danceの調査によると、この記事公開のタイミングでは、ABCチェーン側がSVよりも50も多くのブロック、そしてさらに多い数のハッシュレートを獲得していたと公表されています。また、SVチェーン側のブロック556812~556814のあたりでやや低迷し始めたとのことです。

 

Coin Dance Cashの統計によると、各ネットワークによる毎時ビットコインキャッシュハッシュレートのまとめによると、SVチェーンの処理能力は米国時間の22時頃に衰え始めるとのことです。11月16日0時45分時点では、ABCチェーンのハッシュレートは8.9exahashにまで登った一方で、ビットコインのSVチェーンのハッシュレートは3.5exahash程度で留まったと報道されています。

 

Bitmexが開発したツールThe Forkmoitor.infoでは、これまでのPoW(プルーフ・オブ・ワーク)の積み重ねにより、ABCチェーンがSVチェーンよりも大幅に進んでいると伝えられています。

 

もちろん、今回のフォークに関しては今後数日間、もしくはそれ以上にわたって議論が続いていくでしょう。ビットコインコミュニティーのメンバーは、今回の分岐にインフラのプロバイダがどのような対応をとるのか、今後も見守っていく必要があります。これと並んで、両チェーンのオブザーバーも、現状の更なる発展と、仮想通貨市場全体の動きに最大の注意を払い続けるでしょう。

 

Hash Wars: ABC Chain Leaps More Than 50 Blocks Ahead

参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事