公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



Binanceが2つのBCHフォークを上場

世界最大級の取引所であるBinanceはBCHSVとBCHABCの両方の通貨ペアの取り扱いを開始しました。これにより、ビットコインキャッシュの保有者には、BCHSVとBCHABCの両方のトークンが付与されることになります。

BCHABCとBCHSVの争い

発表によるとBinanceは、下記いずれかの結果になると予想していました。BCHABCとBCHSVどちらかのチェーンがハッシュ戦争で勝ち、そのコインが唯一の正式なフォークとして残っていくか、あるいはどちらが正式かをかけてフォーク同士の競争が続き、BinanceがすべてのBitcoin Cash(BCC)をBCHABCかBCHSVに差し替えるというものです。

 

Binanceはその後BCHSVとBCHABC両方に対し取引ペアとなるBTCを用意しましたが、どちらの通貨においても、BCHトークンは2つの新しいトークンに分裂すると考えられています。

 

ハッシュウォーは依然として終わる気配がなく、双方のトークンは今でもソフトウェアのアップデートの覇権争いを続けています。技術的に不安が残る個所があったり、未だかつて前例のない出来事であるということもあり、争いが終わる目途はまだ立っていません。

 

まだ正式には発表していませんが、これまでの約束通りにいけば、BinanceはBCHSVとBCHABC双方のトークン取引を中断した昨日の段階でBCHを保有していたトレーダーに対し、できるだけ早くフォークしたブロックチェーンとウォレットが安定して使える状態にするだろうと考えられます。

 

 Binance has listed both BCH forks as trading pairs. Bitcoin Cash has split!
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事