リップル社がQ3レポートを発表!機関投資家への直接販売による売上が5倍以上に増加!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

リップル社がQ3レポートを発表!

リップル社がQ3レポートを発表し、1億6,300万ドルのXRPを売却したことが判明しました。また同社によって、以下の情報が明かされています。

グローバルXRP取引量の0.43%の割合を売却
・30億XRPがエクスローからリリースされ、26億XRPがエクスローに返却された
※2017年第4四半期に、エクスロー口座に550億XRPのロックアップを行っており、同社は流通しているXRPのわずか13%にしかアクセスできないようになっています。
・エクスローに返却されなかった残りの4億XRPは、XRPのエコシステムをサポートするために様々な方法で使用されている

詳細なリップル社の売上の内訳は、以下のようになっており、機関投資家へのXRPの直接販売による売上が、5倍以上に増加していることが判明しました。

 

売上内訳2018年第3四半期2017年第3四半期
機関投資家への直接販売98.0616.87
プログラム売却65.2756.66
合計163.3375,33

 

Coinbase社による機関投資家向けのXRPのCustodyサービスは、ニューヨーク州に認可されており、機関投資家がXRPへの投資を行うことが期待されていましたが、今回のレポートによって、機関投資家への販売が大幅に増加していることが明らかになりました。

 

Custodyサービスがニューヨーク州によって認可されたニュースについては、【CoinbaseのCustodyサービスがニューヨーク州に認可される!】を参考にしてください。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

Q3 2018 XRP Markets Report

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事