公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



Tether社が5億USDTのバーンを発表!4.66億USDTを温存!

テザー社(Tether)は、自社が発行しているアメリカドルと1対1の価値を持つステーブルコイン「テザー(USDT)」を保有するトレジャリーウォレットから5億USDT(約560億円)相当をバーン(償却)したことを発表しています。

 

「USDTとドルは1対1で連動するペッグ通貨だ」と主張してきたが、マーケットや有識者から「はたしてテザー発行量に対して十分な準備金があるのか?」というテザー疑惑が巻き起こり、不安視されていました。

 

その結果、10月14日にUSDTは1.00ドルを下回りはじめ、一時は0.85ドルまで下落し、その後も一週間程は「1USDT = 0.95 ~ 0.97ドル」前後で取引されていました。また、このUSDTの大幅下落によって、多くの取引所はUSDCやPAXなどUSDT(テザー)よりも信頼性が高いステーブルコインを多く上場させています。

 

一方、テザーとの関係が深いビットフィネックスは10月3日から合計6億9000万USDTを自社のウォレットからテザー・トレジャリーに移動しています。これについてはUSDTの正当性を主張するために行われたとする意見が大半を占めています。

 

 

Bitfinex社のコミュニケーションディレクターKasper Rasmussen(カスパー・ラズムセン)氏は、BitfinexとTether社は1対1の交換を保証していることを引き合いに、「今回のバーンはTether社が意図的に供給量を削減する試みではない」と述べています。

 

参考記事はこちら

 

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で1,000円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事