元ヘッジファンドのノボグラッツ氏が「機関投資家の参入は来年Q1かQ2」と発言

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ヘッジファンド投資家ノボグラッツ氏が「機関投資家の参入は来年Q1かQ2」と発言!

元フォートレス・インベストメント・マネージャーを務めた、フォーブスの億万長者にも名を馳せたことがあるMike Novogratz(マイク・ノボグラッツ)氏が「機関投資家の本格的な参入は来年の上半期以降になるだろう。」と発言しています。

すでにゴールドマン・サックスやフィデリティなど大手金融機関が仮想通貨市場への参入ニュースが相次いでいますが、フィデリティのような世界的な大企業が「資産管理サービス」を提供することで、機関投資家の仮想通貨市場への参入を後押しするだろうと述べています。

 

また、多くの大手金融機関が参入することで、投資コンサルタントに対して「仮想通貨」が安全な資産である印象を与えるだろうと述べています。大手金融機関の本格参入時期については、「フィデリティのサービスは来年1月にはサービス提供が開始されていると思うので、Q1後半 ~ Q2前半に機関投資家の参入が始まるだろう」と述べています。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事