OKCoinのロゴ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

OKExが4つのステーブルコインの上場を発表!

香港に拠点を置く大手取引所であるOKExが、以下の4つのステーブルコイン(安定通貨)の上場を発表しました。

・TUSD(TrueUSD)
・USDC(USDCoin)
・GUSD(Gemini Dollar)
・PAX(Paxos Standard Token)

OKExは以前はステーブルコインでは、USDT(Tether)のみの取り扱いをしていましたが、今回新たに4つのコインの取り扱いを開始したことで、世界で最もステーブルコインの取り扱いをしている取引所になりました。

 

TUSDは、2018年3月に誕生した通貨で、BinanceBittrex、Digifinexなどの取引所で取り扱いがされています。また、残りの3つのステーブルコインは先月誕生し、USDCは今年最初にCircleによって買収されたPoloniexで取り扱いがされています。

 

2018年10月17日追記:OKExに引き続き、Huobiも4つのステーブルコインを新たに上場させることを発表しました。詳しくは、【Huobiが4つのステーブルコインの上場を発表!】を参考にしてください。

新たなステーブルコインがTetherに取って変わる可能性も

ステーブルコインはUSドルなどの法定通貨と価格が連動していため、相場下落時などに資金の逃避先として使用されており、これまではTether Limited社が発行しているUSDTが主に使用されていました。

 

しかし、USDTには「価値の担保となるUSドルが存在しないのではないか」、「ビットコインの価格操作に使用されているのではないか」、「関連会社のBitfinexの銀行問題」などの問題や疑惑が相次いでおり、先日はUSDTの価格が大きく下落するという事態にまで発展しました。

 

USDT疑惑や価格下落について知りたい方は、【CFTCがUSDT疑惑で、BitfinexとTetherに召喚状を送付!】や【ステーブルコインUSDT(Tether)の価格が急落!】を参考にしてください。

 

こうした事態を受け、新たなステーブルコインがTetherの市場支配を奪い始めています。

 

 OKEx Lists Four New Stablecoins
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事