cointap(コインタップ/DMM)の評判、口コミ、メリット、デメリットを徹底調査!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

cointap(コインタップ)とは?運営会社などの基本情報

cointapは、大手IT企業DMMグループの株式会社ネクストカレンシーズが2018年春に開設予定の仮想通貨取引所です。株式会社ネクストカレンシーズは乾夏衣が代表を務めるDMM100%子会社です。

 

日本では、コインチェック(Coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)Zaif(ザイフ)の3社が大手取引所として存在していますが、この3社に続くように2017年の後半から2018年の前半にかけて、DMMやGMOSBIなど大手ITグループによる仮想通貨取引所事業への参入のニュースが相次ぎました。

 

新規参入するDMMが開設する「DMM Bitcoin」、「cointap」の2つの仮想通貨取引所は独自の強みを押し出した取引所運営が期待されています。

cointapとDMM Bitcoinの違い

DMMは、2017年10月27日にプレスリリースで「仮想通貨取引所を開設する」と発表して大きな話題になりました。

しかし、DMMが「東京ビットコイン取引所」を刷新する形で新規開設する「DMM Bitcoin」の取扱銘柄は公表されていますが、もう一つの「cointap」は取扱銘柄が公開されていません。

 

サービス開始時期に関しては、「DMM Bitcoin」は2018年1月11日にサービス開始される予定ですが、「cointap」は2018年の春にサービス開始予定のため「DMM Bitcoin」の方がサービス開始時期が早いです。

 

取引所名DMM Bitcoin

(旧:東京ビットコイン取引所)

cointap
運営会社株式会社DMM Bitcoin

(金融庁認可済)

株式会社ネクストカレンシーズ
開始予定日2018年1月11日2018年春
デバイスWEBサービススマホアプリ
取扱銘柄(通貨)ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

ネム(NEM/XEM)

リップル(XRP)

ライトコイン(LTC)

イーサリアムクラシック(ETC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

ライトコイン(LTC)

手数料日本円入金:無料

クリック入金:無料

仮想通貨送金:無料

現物取引:スプレッド

スワップポイント:0.04%

不明

 

DMM bitcoinのみしか手数料、スプレッドなどの詳細は発表されていないため、2つの取引所の違いは今後の情報公開を待たないと分かりませんが、「「cointap(通貨 + タップ)」という名前にもあるように、cointapはスマホアプリがメインで、簡単にワンタップ(スマホのタッチ)で購入できるような使い勝手が良いサービスになる」という予想がされています。

 

cointap(コインタップ)のメリット

大手IT企業DMMグループが運営する安心感

DMMのグループ会社が運営する仮想通貨取引所ということで、大手IT企業が運営元であるという安心感がある点が既存3社との違いと言えるかもしれません。「これまで仮想通貨・取引所を信用出来ないので、口座開設をしていなかった」といった方々には、DMMをはじめ、SBI、GMOといった大手IT企業が今後開設する取引所を利用することをオススメします。

スプレッドや手数料が是正される?

DMMは大手企業で資本力があるので、手数料やスプレッドなどがユーザーにより還元される形でサービスを開始する可能性が高いと言われています。他の仮想通貨取引所と比較して、手数料が安くなる可能性が高いと見られています。

cointapのデメリット

現時点では、cointapのデメリットは分かっていません。

cointapの運営が開始されてから追記していきます。

cointapの口コミ、評判

DMMが開設する2つの取引所「DMM Bitcoin」と「cointap」は仮想通貨界隈では、とても注目を集めています。

cointapはすでに事前登録が開始していますが、TwitterなどのSNSでは事前登録への申込んだというツイートが多く見受けられるなど話題になっています。

cointapの事前登録受付中!

DMMの仮想通貨取引所「cointap」の画面

 

現在は、スマートフォンアプリなど独自のサービスも開発しているようですが、cointapは既に事前登録の受付が開始しています。事前登録はメールアドレスを入力するだけで完了するので、DMMの新しい仮想通貨取引所に興味がある方は公式ホームページで事前登録をしておきましょう。

 

 

cointapの関連記事一覧

 

cointap(コインタップ)の登録、口座開設、本人確認、二段階認証のやり方を解説!

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事