ネム財団、セキュリティートークンの取り組みを本格始動!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

ネム財団、セキュリティートークンの取り組みを本格始動!

分散型プラットフォームを展開するNEM(XEM/ネム)は、セキュリティトークンの運用プロトコルや標準化を推進していくことを目的に、世界初のセキュリティトークン取引所「VNX Exchange」とパートナーシップを締結したことを発表しました。VNXは、XEM保有者を含めたより広範囲な投資家に対して、ベンチャーキャピタル投資を可能にします。

 

セキュリティ(Securities)は、日本語で「証券」という意味です。ICOなどのユーティリティトークンが有価証券に該当するかどうか定まっていないなか、セキュリティトークンとは、「証券として」新しいトークン(セキュリティトークン)を発行します。そのため証券に関する法律がそのまま適用されるため、機関投資家などの投資対象になることが期待されています。

 

今回のパートナーシップ締結により、仮想通貨NEM(XEM)はVNXプラットフォームの決済手段に採用されることが決まっています。

 

また、NEMに関連するスタートアップに投資するVCやファンドは、VNXプラットフォーム上のSTO(セキュリティートークン・オファリング)への参加を通して、投資したプロジェクトのトークンの流動性を確保することができる見込みです。

 

今回のパートナーシップ締結の発表について、VNX取引所CEOを務めるAlexander Tkachenko(アレキサンダー・トカチェンコ)氏は「セキュリティトークン市場に大きなチャンスをつくることができる」と述べ、NEM財団の代表を務めるKristof Van de Reck (クリストフ・ファン・デ・レック)氏は、「NEMがSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)の最先端を進むだろう」と述べています。

 

参考記事はこちら

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事