Zaifがフィスコ仮想通貨取引所と正式契約を締結!流出資産の補償内容が判明!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

Zaifがフィスコ仮想通貨取引所と正式契約を締結!

約67億円相当の仮想通貨のハッキング被害に遭っていたZaifが、フィスコ仮想通貨取引所と「お客様預かり資産に対する正式契約」を締結したことを発表しました。Zaifのハッキング被害については、【Zaifがハッキング被害で約67億円相当の仮想通貨が流出!】を参考にしてください。

 

プレスリリースによると、Zaifの運営会社であるテックビューロ社とフィスコ仮想通貨取引所間で、取引所Zaifを譲渡する「事業譲渡契約書」を締結し、利用規約に含まれる顧客側の権利(①仮想通貨の返還を求める権利、②消失しなかった仮想通貨)をフィスコ側が引き継ぐことになります。

 

基本契約を締結された段階では、事業譲渡ではなく、株式譲渡が予定されているとされていましたが、支援者(フィスコ)側のリスク回避などが協議された結果、事業譲渡になったことが説明されています。

モナコインのみ、一部日本円で補償

流出した3種類の通貨のうち、ビットコインビットコインキャッシュは、フィスコが流出した数量分のコインをすでに用意しており、仮想通貨で補償がされることになります。

 

しかし、モナコインに関しては、市場から流出した数量分を調達することができなかったため、一部日本円で補償がされることになります。レートは、1MONA=144.548円で資産の4割が日本円で補償されることになります。(資産の6割は、モナコインが返還されます)

 

そのため、例えば、100MONA所有していた場合、60MONA+約5781円が返還されることになります。

 

 お客様預かり資産に関する金融支援 正式契約締結のお知らせ
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事