元グーグルディレクター「ビットコインは早期段階で将来0.28BTCの所有ができるのは上位1%」

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

元グーグルディレクター「ビットコインは早期段階で将来0.28BTCの所有ができるのは上位1%」

元グーグルのプロダクトディレクターであるSteve Lee氏は、「ビットコインの発行上限は2100万枚と決まっているため、世界の人口のわずか1%しか0.28BTC以上を所有することができない」と、述べています。

 

この数字は、1人0.28BTCずつビットコインを所有すると仮定した際、7500万人がビットコインを所有することができ、世界人口が74億4200万であることから、人口のおよそ1%であると導き出されています。

 

また、今後数年間に渡り、より多くの個人投資家や機関投資家が仮想通貨をためるにつれて、ビットコインはより不足するようになり、それによって1BTC以上を所有する個人の数をさらに減らす可能性があります。

 

ビットコインの発行上限は2100万枚に固定されており、変更できないようにコーディングされているため、発行上限を変更することはできません。また、ブロックチェーンの科学捜査会社であるChainalysis社は、盗難やウォレット、秘密鍵の紛失などによって、最大400万BTCがブロックチェーン上で失われていることを研究論文で明らかにしました。

 

また、同社の上級エコノミストであるKim Grauer氏は、「永久に失われているビットコインの供給量が、時価総額に考慮されていない」と述べましたが、400~600万BTCが失われていると見積もると、BTCの実質的な価格は大幅に上昇する可能性があることを意味します。

 

Bitcoin is Still at an Early Stage: If You Hold 0.28 BTC, You’re Part of the 1%
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事