公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



仮想通貨ICON(ICX/アイコン)とは?

ICON(ICX/アイコン)は、2017年9月に公開された韓国発の仮想通貨で、イーサリアム(ETH)の大きな特徴であるスマートコントラクト機能を持つことから、「韓国版イーサリアム」と呼ばれるなど注目を集め、ICOセール初日で完売してしまうほど注目を集めた仮想通貨です。

 

ICONは、異なるブロックチェーンプラットフォームを結びつけ、相互のブロックチェーンで契約履行や資金移動などのやりとりが可能な分散型ネットワークとなることを目指しています。

スマートコントラクトは、端的に言うと「人間を介さず自動的に契約を履行するシステム」で、一般的にはイーサリアム(ETH)の特徴として有名です。似たようなプロジェクトでは、NEOEOS(イーオス)、Bancor(バンコール)などが存在します。

ICON(ICX)の特徴

独自のスマートコントラクト「SCORE」

ICONは独自のスマートコントラクト機能「SCORE」を持っています。SCOREは「Smart Contract On Reliable Environment」の略で、直訳すると「信頼性のある環境下におけるスマートコントラクト」となります。

 

先ほどICONは異なるブロックチェーンを相互に接続すると説明しましたが、それぞれのブロックチェーンは「C-rep」というノードを通して、ICON Nexusという中心部に接続されることで、ICON Nexusを通して相互に接続されます。このICON Nexusの仕組みは「loopchain」と名付けられていて、ICONの根幹技術となっています。

 

SCOREは、このloopchainに独自に採用されているスマートコントラクトの名称で、「安全性の高さ」「データの更新作業が簡単」の2つの特徴を持っています。

 

SCOREはブロックチェーン上のプロセスから独立してスマートコントラクトを実行できるので、何かしかの不具合が起きても、ブロックチェーンには影響を与えません。さらに、SCOREは更新の際にデータを移行する必要がないため、更新作業が非常にカンタンという2つの特徴を持っています。

ICONick

従来ブロックチェーンネットワーク上で個人を識別するために、長く複雑なアドレスが利用されています。ICONネットワーク上ではCONickという物(オブジェクト)を利用することで、長く複雑なアドレスが不要となり、大幅に利便性が向上しています。イメージとしては、Liskがリブランディングに際して導入したLiskIDに近く、ICONickも同様に自分で好きなように命名することができます。

 

さらに、このICONickについて面白いのは市場で売買する事ができるという点です。apple.comなどインターネットのドメインは人気のドメインでは数千万以上の価格で売買されることがありますが、ICONickでも同様に価値が高騰するものが今後発生する可能性があります。

DEX(分散型取引所)

ICONの3つ目の特徴はDEX機能を持っている点です。DEX(Decentralized Exchange)とは、分散型取引所のことを指します。BitflyerやZaifなどのように特定の事業者が管理・運営を行う仮想通貨取引所とは異なり、中央管理者が存在しない取引所のことを指します。

 

DEXにおいては、ユーザー同士がブロックチェーン上で仮想通貨を直接取引する事ができるため、従来の取引所と比べて取引手数料が大幅に安くなるほか、中央集権で管理されていないため、安全性が極めて高く、ハッキングなどの被害を受けづらいというメリットがあります。

ICON(ICX)の将来性、今後の価格

公開当初は1ICXあたり約51円で取引されていましたが、現在は約70円前後(※10月2日現在)で取引されています。ICXは昨年12月には1000円以上の価格がついていましたが、今年初頭の韓国での仮想通貨規制や仮想通貨市場全体の下落相場の影響を受けて、右肩下がりに価格を落としています。

 

しかし、韓国では1月から本人確認等の手続きを取れば仮想通貨取引が可能になる政府対応が始まっており、ICONにとっても追い風となるような動きはいくつかあります。

 

さらに、ICONはビットコイン(BTC)の価格連動の影響が比較的少ないという特徴を持っています。また、韓国の投資家らによる買い支えが主な要因と見られており、底がしっかりと固められていることもプラス材料となっています。

 

また、アメリカの価格予想会社からは、ICXの価格は一年後に7ドル程度、5年後に22ドルにまで上昇するという予想が発表されるなど好材料は多い仮想通貨となっています。

ICON(ICX)の購入におすすめの取引所

Binance(バイナンス)

binance(バイナンス)のロゴ画像

ICON(ICX)はBinance(バイナンス)での購入がオススメです。Binanceは取引高ベースで世界一の仮想通貨取引所です。取り扱い通貨も非常に豊富に揃っており、手数料も一般的な仮想通貨取引所と比較すると、かなり安めに設定されています。流通量が多く、人気取引所で手数料を安く、取引したいという方にはBinanceがオススメです。

 

Binanceの登録で分からないことがあったら【Binance(バイナンス)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証のやり方】を参考にしてください。

huobi(フオビ)

Huobi(フオビ)は香港に拠点を置く大手仮想通貨取引所で、Binance、OKExにつぐ世界第3位の取引所です。最近ではHuobiが日本の仮想通貨取引所「BitTrade(ビットトレード)」を買収したことでニュースになりました。今後、本格的に日本でサービス展開する可能性が高いと予想されています。

 

Huobiの登録・口座開設で分からないことがあった方は【Huobi(フオビ)の口座開設、登録、本人確認、二段階認証、入金のやり方】を参考にしてください。

ICON(ICX)の買い方

ICON(ICX)は、現時点では海外の取引所でしか取り扱われていないため、購入するには国内の取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入して送金する必要があります。BinanceでICXを購入する際には以下のような手順になります。

 

  1. 国内の取引所でビットコインかイーサリアムを購入
  2. 購入した通貨をBinanceのウォレット宛てに送付
  3. Binance(バイナンス)でICXを購入

ICON(ICX)におすすめのウォレット

iconnexの画像

仮想通貨取引所でICON(ICX)を購入した方は、セキュリティ面の安全性を考えて、ウォレットに移して保管しましょう。ICXにオススメのウォレットは「ICONex」と「MyEtherWallet」の2つあります。

 

まず、「ICONex」はICON運営が配布しているICX用のウォレットです。ICON公式のウォレットのため、安心感は非常に高く、使いやすさにも定評があるため、非常にオススメです。また、近くモバイル端末向けのウォレットも公開される予定となっています。

 

もう一方の「MyEtherWallet(マイイーサウォレット/MEW)」はイーサリアム(ETH)やERC20トークンなど非常に多くの通貨に対応しているウォレットで利用者も多いです。秘密鍵を自分で管理するため、しっかりと保管しておけば、ハッキングなどのリスクを減らす事ができます。今回紹介した二つのウォレットはどちらも無料で利用できるので、ぜひ活用して見てください。

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事