bitflyer_アイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

bitFlyerが持株会社bitFlyer Holdingsを設立!

大手仮想通貨取引所であるbitFlyerは、持株会社であるbitFlyer Holdingsを設立し、完全子会社となることを発表しました。公式の発表では、主に①背景、②持株会社の体制、③株式会社bitFlyerの体制が述べられています。

ホールディングス化の背景

公式の発表では、ホールディングス化の背景は、「コーポレートガバナンスの強化」と「コンプライアンス体制の徹底」の2点であるとされています。bitFlyerは、今年6月に業務改善命令を受けており、現在は新規登録を停止している状態であり、こうしたことが今回の背景であるとも考えることができます。

 

bitFlyerの業務改善命令については、【金融庁がビットフライヤーなどの5社以上に業務改善命令へ!日経新聞が報道!】を参考にしてください。

持株会社の体制

今回新しく設立されるbitFlyer Holdingsの体制は、bitFlyerの社長であった加納裕三氏が代表取締役を務める他、以下の3名の取締役の就任が発表されています。

大西一郎氏(銀泉株式会社常勤監査役)
佐藤明夫氏(弁護士・株式会社U-NEXT社外取締役)
近江恵吾氏(公認会計士・千代田監査法人 代表社員)

株式会社bitFlyerの体制

株式会社bitFlyerの社長には、新たに鈴木信義氏が就任することが発表されています。鈴木氏は、現在株式会社セディナの常務執行役員であり、今年8月からbitFlyerの顧問を務めていた人物になります。

 

なお、今回の持株会社の設立により、bitFlyerのサービス内容に変更がないことも発表されています。

 持株会社「株式会社 bitFlyer Holdings」設立と株式移転のお知らせ
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事