楽天がみんなのビットコインを買収を発表!2億6,500万で株式を100%取得!

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

楽天がみんなのビットコインを買収を発表!2億6,500万で株式を100%取得!

楽天は連結子会社の楽天カードを通して、みんなのビットコイン株式会社の株式を100%取得したことを公式サイトで発表しました。買収価格は2億6,500万円となっており、株式譲渡は2018年10月1日に実行されます。

 

みんなのビットコインは、2017年に仮想通貨交換業のサービスを開始した「みなし業者」であり、2018年4月には業務改善命令を受けていました。楽天は、買収理由について以下のように発表しており、複数の理由から今回の買収に至ったようです。

みんなのビットコインの買収理由
ブロックチェーン技術の開発を行っているため
②仮想通貨の決済機能を円滑に提供するため
③楽天証券の顧客からの期待の声があった
④みんなのビットコインの仮想通貨交換業のノウハウと楽天の金融事業のノウハウを掛け合わせて、シナジーを生むため

仮想通貨交換業に大手企業の参入が相次ぐ

580億円ものNEMが流出したことで話題になったコインチェックをマネックスが買収するなど、大手企業の仮想通貨交換業への参入が続いています。マネックスの買収については、【マネックスグループがコインチェック社を36億円で買収!完全子会社へ!】を参考にしてください。

 

また、LINEもグローバルでサービス提供を行う取引所、BITBOXをスタートさせて話題になりました。詳しくは、【LINEが仮想通貨取引所BITBOX(ビットボックス)の開設を発表!7月からサービス開始予定!】を参考にしてください。

 

今後さらに大手企業が参入が予想され、業界の信頼性の向上が期待されます。

▼CoinMedia編集部おすすめ!初心者必読の記事はこちら!

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事