EMIコインのアイキャッチ画像

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

びっくりマークBITPoint初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!
東証二部上場企業のリミックスポイントの子会社が運営!5種類の取り扱いコインが手数料無料で購入できる!
金王冠GMOコイン人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。リップルやライトコインといった人気銘柄を購入できる!
ビットバンク取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
銅王冠DMM Bitcoin国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料!

EMIトークン(エミトークン)とは?

EMIトークン(EMIコイン)とは、EMIはEcosystem of Medical Informaticsの略で、EMIプロジェクトは、ブロックチェーン技術を用いて医療機関間での安全なデータシェアを可能にすると同時に、発行されたEMIトークン(エミトークン)を利用して同プラットフォーム上での決済を可能することを目指したICOプロジェクトです。

EMI財団

EMIコインのチーム

EMIトークンの発行母体は「最良の医療ケアを最安で提供できる世界を作り、世界の人々の寿命延長に貢献する」を目指して設立されたEMI財団です。

EMI財団の主要メンバーは、株式会社エストコーポレーションのCEOをはじめとした関係者陣と、AKTコンサルティンググループCEOなど7名で構成されています。

一般的に、ICOプロジェクトは投資リスクが高いという風潮があるなかで、EMIトークンが注目されている理由は、財団で大きな影響力をもつ「株式会社エストコーポレーション」の存在です。

エストコーポレーション

EMIコインのアイキャッチ画像

エストコーポレーションは、医療機関向けのITサービスを提供する企業です。2007年の設立から約16,000の医療機関と提携して、強力なネットワークを持つEMIプラットフォームを構築しています。

こうした実績から、エストコーポレーションはSBIが行なうベンチャーアワードで「北尾賞」を受賞するなど評価を集めています。

 

エストコーポレーションは、検診結果の電子化代行サービスや、福祉サービス代行などの事業のほかに、「エストドック(EST Doc)」と呼ばれる医療機関の検索・予約サイトを運営しています。この「エストドック」は現在、1ヶ月に約300万PVアクセス、1万件以上の医療機関への送客を実現しています。

 

このエストドッグが、EMIトークンが実際に利用される主要サービスとして位置づけられています。まずは美容ケア、インプラントやホワイトニングといった、セルフメディケーションを提供する医療機関をターゲットに、「エストドック」上でEMIトークンを使用した決済システム導入を目指しているとされています。

EMIトークン(エミトークン)の特徴

ブロックチェーンを用いた医療情報の安全管理

ブロックチェーン

EMIプラットフォームは、EMIトークン(エミトークン)とアクセス権を管理するパブリックブロックチェーンと、医療データを管理するプライベートブロックチェーンの2つを分けて運用することで、医療データの安全性を高めています。医療データは暗号化されており、秘密鍵の生成には生体認証が用いられます。

 

日本で2017年5月に施行された新個人情報保護法や、アメリカのHIPPAに準拠する形で、医療機関や薬局会社は、データ所有者である患者本人からの一時権限付与なしに、データへアクセスできないように設計されています。

一方で、欧州のGDPRについて公式な言及はなく、削除権についてブロックチェーンでの対応が難しいことから、欧州でのEMIトークン流通には課題が残りそうです。

医療情報ビックデータの活用

従来の医療データは各医療機関で保管され、他の医療機関との共有を許可する仕組みが整備されていませんでした。EMIプロジェクトでは、ある医療機関で登録された医療データを、個人の承認を得て、他機関と共有することが可能で、これによりデータを共有した側にはEMIトークンが支払われます。

 

共有されたデータをもとに、EMIプロジェクトは、ビックデータの分析とAIを用いた医療サービスのリリースを計画しています。これにより、2018年に40兆円と概算されている国内医療費は、30兆円程度まで削減が可能であると考えられています。またビックデータを利用し、AIによる医療サービス提供を実現することで、これまで地理的な制約のあった患者にもリモートで医療サービスを提供することが可能となります。

医療決済プラットフォーム

EMIコイン(エミコイン)の画像

EMIトークン(エミトークン)は患者間での決済にも使用可能ですが、ECサイトでの健康食品の購入や、医療機関へのセルフメディケーションの決済にも利用可能で、国内法整備が整い次第、保険医療機関への決済もサポートされる見込みです。

 

海外から来日した患者の決済についても、法定通貨の引き出し上限に制限されることなく、EMIトークンでの決済が可能となります。EMIプラットフォーム上で決済を行うことで、海外の保険機関に診断書の提供を行ったり、帰国後に他院へ検査結果を共有したりできます。

EMIトークン(エミトークン)のICOセール情報

【注意事項】 2019年3月に予定されている上場後にEMIトークンの購入が可能になります。
また、日本国内でのEMIトークンの販売は公式発表にて否定しており、もし国内で販売されている場合は詐欺案件ですので購入しないようにしてください。

EMIトークン(エミトークン)の買い方

ICOは仮想通貨で購入できます。EMIトークンはイーサリアム(ETH)とビットコイン(BTC)での購入が可能なようです。

 

(1)まず、公式サイト(https://emi-foundation.com/)の「Buy Token」をクリックします。

EMIコイン(エミコイン)の買い方①

 

(2)「Register」をクリックします。

EMIコイン(エミコイン)の買い方②

(3)名前、メールアドレス、パスワード、パスワード(確認用)を入力し、「I agree to the terms and conditions」にチェックをいれて、「Sign Up」をクリックします。

EMIコイン(エミコイン)の買い方③

※現在terms and conditionsはLorem ipsum(ダミーテキスト)となっています。

EMIコイン(エミコイン)の買い方④

(4)ログインすると、右上の国旗アイコンから日本語に設定変更可能です。

(5)登録したメールアドレスに認証メールが送られてくるので、「Confirm Email」をクリックします。

EMIコイン(エミコイン)の買い方⑥

(6)プロフィール画面に転送されます。

EMIコイン(エミコイン)の買い方⑦

(7)ウォレットを作成します。

EMIコイン(エミコイン)の買い方⑧

(8)「Submit」を押すと、再度ログイン画面に戻されるので、メールアドレスとパスワードでログインし直します。

EMIコイン(エミコイン)の買い方⑨

(9)ダッシュボード右上に表示されている「今すぐ購入」をクリックします。

(10)表示されたETHアドレスに送金します。

EMIコイン(エミコイン)の買い方⑪

(11)イーサリアムが1ETH以上ウォレットに入っていることを確認して、購入したい値を指定し、「トークンを購入する」をクリックします。

EMIコイン(エミコイン)の買い方⑫

 

EMIトークンの口コミや評判

EMIトークンに関してネット上の評判や口コミをリサーチしてみました。ぜひ参考にしてください。

EMIコインに関して興味を示しているユーザーは多いようで、下記のようなツイートが散見されました。


また、EMIコインについて疑義を提示している方もいます。購入する場合はあくまで自己責任で投資しましょう。

また、9月1日にEMIのミートアップ「EMI Meetup 2018 1st in Tokyo」が開催されます。本イベントはEMI foundationとNextmoneyの2社が共同で開催され、Nextmoney運営担当の堀口がモデレーターを務めます。

「EMI Meetup 2018 1st in Tokyo」の概要
日時:2018年9月1日(土)17:00〜20:00
会場:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
定員:100名(参加費無料)
参加の申し込みはコチラ

また、EMIトークン以外の注目のICOプロジェクトについては、【2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!】を参考にしてください。

2018年ICOおすすめランキングの画像
【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
2019年実施のICO案件一覧 2019年に実施予定のICO案件を一覧表でまとめました。期間や概要を紹介していますので、参考にしてください。 また、そもそもICOとはどんなものなの...
コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】BITPoint


初心者にはもちろん上級者にも好評!充実の取引ツール!大手企業が運営で安心&MT4搭載で初心者から上級者までおすすめ!

bitpointレクタングルバナー

【1位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】DMM Bitcoin


国内では珍しいアルトコインFX対応!現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買手数料が無料であるため、おすすめ!

ICOの関連記事
  • コインカムアイキャッチ
    コインカム(COINCOME/CIM)とは?日本人が関わる注目ICOの特徴を徹底解説!
  • VganPayアイキャッチ
    VganPay(ビガンペイ)とは?フィリピンの有力者一族が関わるICOについて徹底解説!
  • STOとはアイキャッチ
    ICOに代わる資金調達方法として注目されるSTO(Security Token Offering)とは?
  • FOXICOのLP画像
    foxicoの使い方、特徴を徹底解説!
  • 2018年ICOおすすめランキングの画像
    【仮想通貨ICO】2019年おすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!
  • ブレイブブラザーズアイキャッチ
    ブレイブサウンドトークン(BRST)とは?登録方法、評判、口コミを徹底解説!
おすすめの記事