CBOE会長がイーサリアム(ETH)の先物取引を検討していることを発言!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

CBOE会長がイーサリアム(ETH)の先物取引を検討していることを発言!

世界有数のデリバティブ取引所であるCBOE(シカゴオプション取引所)は、2017年にビットコインの先物取引の提供を開始しましたが、イーサリアムの先物取引の提供を検討していることが、明らかになりました。

 

CBOEのChris Concannon会長は、以下のように語り、SECの「イーサリアムは証券に分類されない」という決定によって、規制当局がイーサリアムの先物取引を承認するチャンスが増える可能性があることを述べています。

 

「私たちは、現在のイーサリアム取引に関して、明確さを提供するSECの決定に大変満足しています。2017年12月に最初のビットコインの先物取引を開始して以来、イーサリアムの先物取引の検討を続けてきましたが、SECの決定によってイーサリアムの先物取引に対する主要な障害物が取り除かれることになります。

 

イーサリアムは、XRPと共に有価証券に該当される可能性があるとされていましたが、2018年6月にSECのコーポレート・ファイナンス部門責任者によって、有価証券に分類されないことが発表されていました。

 

詳しくは、【SECがイーサリアム(ETH)を有価証券に分類しないと発表!】を参考にしてください。

 

また、CBOEはビットコインETFを申請中でもあり、今後も価格に大きな影響をもたらす可能性があるため、動向には注意が必要であると言えるでしょう。CBOEのビットコインETFの申請について詳しく知りたい方は、【世界有数のデリバティブ取引所、CBOEがビットコインETFを申請!】を参考にしてください。

 

イーサリアムの関連記事一覧
特徴・仕組みイーサリアムとは?特徴や仕組み、ビットコインとの違い
将来性イーサリアム(ETH)の将来性、今後の価格・将来価格
取引所・買い方イーサリアム(ETH)のおすすめ取引所ランキング!買い方や購入方法
ウォレットイーサリアム(ETH)のウォレットを比較!おすすめランキング!

 

 Crypto Coins Surge as SEC Spares Ether From Securities Rules
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事