ビットコインETFアイキャッチ

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内販売所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。

SECがウィンクルボス兄弟のビットコインETFの申請を再度拒否!

SEC(米国証券取引委員会)は、テイラー、キャメロンウィンクルボス兄弟によって申請されていたビットコインETFを拒否したことを発表しました。

 

2017年2月にもウィンクルボス兄弟によって申請されたビットコインETFの申請は拒否されており、その理由として、ほとんど規制されていないというビットコイン市場の性質が挙げられていました。

 

当時、ビットコインETFの提案が非承認になった後、グループは「委任された当局による非承認の審査を求める嘆願書」を提出しました。

 

しかし、7月26日にSECは嘆願書を拒否するリリースを発表し、ウィンクルボス兄弟が主張していた「仮想通貨市場は価格操作に対する独特の抵抗力がある」という結論を、SECは支持しないとしています。

 

また、SECは嘆願書の拒否は、仮想通貨やブロックチェーン技術が、イノベーションや投資としての有用性や価値を保持しているかどうかに左右されないということを強調しています。

 

さらに、SECは、ウィンクルボス兄弟が申請先として選択した取引所であるBZXが、証券取引法などにおける責任を果たせておらず、特に詐欺的行為や価格操作を防止するためのルールを設計する必要があることも、非承認の理由としています。

 

また、SECは、流動性の低さへの不安に加えて、ビットコイン取引の大部分が国外にある規制がされていない取引所で行われていることへの懸念も示しています。

 

ビットコインETFが承認されることは、仮想通貨市場で大きな期待を浴びていますが、「SECが運用会社ディレクシオンのビットコインETFの承認可否決定を9月に延期」に続き、逆風となるニュースが続いています。

 

しかし、あくまで本命とされているのは、CBOEが申請したビットコインETFであるため、今後も動向に注意していく必要があります。CBOEのビットコインETF申請について詳しく知りたい方は、【世界有数のデリバティブ取引所、CBOEがビットコインETFを申請!】を参考にしてください。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!



【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事