公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやICO情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!
LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェックサイドバナー

現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中!
大手企業IIJグループが運営、伊藤忠や電通も出資!満を持してオープンした国内取引所。取引手数料無料!
仮想通貨取引量国内No.1・セキュリティ国内No.1かつ取引手数料が無料!
リップルやイーサリアムなどのアルトコインの手数料が無料!
人気銘柄リップルの購入ができる!
一部上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営。キャンペーンを頻繁に開催!アプリ『びっとれ君』も大人気。



米国最大級の取引所Coinbaseが証券と見なされたトークンの取り扱いが可能に!

米国最大級の取引所であるCoinbaseが、SEC(米国証券取引委員会)とFINRA(米金融自主規制機関)から、証券として見なされたトークンを上場させることを承認されたことが、ブルームバーグによって報道されています。

 

Coinbaseの代理人は、ブルームバーグに対して、「SECとFINRAが証券ディーラーである、Keystone Capital Corp、Venovate Marketplace Inc、Digital Wealth LLCの3社を買収することを認可した」ことを述べています。

 

今回の買収によって、Coinbaseは以下のような業務を新たに行うことができるようになります。

①証券と見なされたトークンの提供
②ブローカーディーラー
③代替取引システム
④登録された投資顧問

Coinbaseは、今後同社の技術を買収した子会社に統合する予定になっていますが、タイムラインは明らかにしていません。また、同社は、従業員が必要なライセンスを保持していることや、企業がデータをどのようにして報告しているのかを確認することが必要になります。

 

Coinbaseは、「イーサリアムクラシックを上場させること」や「5つのアルトコインの上場を検討していること」を発表して話題になっていましたが、XRPに関しては、証券として見なされる可能性があることから、Coinbaseが取り扱いを避けていると言われていました。

 

今回、Coinbaseが、3社の買収により、証券と見なされたトークンの取り扱いも可能になったことで、Twitterでは、XRPの上場に再度期待が集まっています。

 

また、各コインの上場ニュースについては、【Coinbase(コインベース)がETC(イーサリアムクラシック)を近々上場予定と発表!】や【Coinbaseが5つのアルトコインの上場を検討していることを発表!】を参考にしてください。

 

 

 Coinbase Gets Regulator Approval to List Digital Coins Considered to be Securities
参考記事はこちら

コインメディアのLINE@のミドルバナー②

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【急上昇!】コインチェック(coincheck)


東証一部上場企業マネックスグループの下新体制で動き出した超初心者向け仮想通貨取引所!LISKやFACTOMなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【1位】ディーカレット


現在口座開設で5,500円相当もらえるキャンペーン中! 大手企業IIJグループが運営の安心感。取引手数料無料!

ディーカレット

【2位】ビットバンク


ビットコイン、アルトコインの取引手数料が無料!中級者以上に人気の取引所!

【3位】GMOコイン


一部上場企業GMOインターネットグループのグループ会社で安心・安全!販売所形式で初心者でも簡単にリップルなどの人気銘柄の売買ができる!



おすすめの記事