coinbase

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

米国最大級の取引所Coinbaseが証券と見なされたトークンの取り扱いが可能に!

米国最大級の取引所であるCoinbaseが、SEC(米国証券取引委員会)とFINRA(米金融自主規制機関)から、証券として見なされたトークンを上場させることを承認されたことが、ブルームバーグによって報道されています。

 

Coinbaseの代理人は、ブルームバーグに対して、「SECとFINRAが証券ディーラーである、Keystone Capital Corp、Venovate Marketplace Inc、Digital Wealth LLCの3社を買収することを認可した」ことを述べています。

 

今回の買収によって、Coinbaseは以下のような業務を新たに行うことができるようになります。

①証券と見なされたトークンの提供
②ブローカーディーラー
③代替取引システム
④登録された投資顧問

Coinbaseは、今後同社の技術を買収した子会社に統合する予定になっていますが、タイムラインは明らかにしていません。また、同社は、従業員が必要なライセンスを保持していることや、企業がデータをどのようにして報告しているのかを確認することが必要になります。

 

Coinbaseは、「イーサリアムクラシックを上場させること」や「5つのアルトコインの上場を検討していること」を発表して話題になっていましたが、XRPに関しては、証券として見なされる可能性があることから、Coinbaseが取り扱いを避けていると言われていました。

 

今回、Coinbaseが、3社の買収により、証券と見なされたトークンの取り扱いも可能になったことで、Twitterでは、XRPの上場に再度期待が集まっています。

 

また、各コインの上場ニュースについては、【Coinbase(コインベース)がETC(イーサリアムクラシック)を近々上場予定と発表!】や【Coinbaseが5つのアルトコインの上場を検討していることを発表!】を参考にしてください。

 

 

 Coinbase Gets Regulator Approval to List Digital Coins Considered to be Securities
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事