マルタで世界初のICCOが実施される!パラディウム社が取引所開設を目指す!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

マルタで世界初のICCOが実施へ!

世界最大規模の取引量を誇るBinance(バイナンス)が移転したことあり、仮想通貨業界で大きな話題になったマルタで世界初のICCO(イニシャル・コンバーチブル・コイン・オファリング)が実施される予定になっています。

 

この世界初のICCOは、仮想通貨取引所Bittrex(ビットトレックス)などと提携しているパラディウム(Palladium)社が、7月25日からマルタで仮想通貨取引所の開設を目指して1億5000万ドル(約166億円)相当のトークンを販売する予定です。

 

ICCOは、基本的にはICOに似た資金調達方法ですが、異なる点として「投資家が保有しているトークンをのちに株式に変換できるオプションが付いています。今回パラディウム社が行うICCOでは、トークン販売から3年後にトークンを株式に変更することができます。

 

将来的に株式に転換可能なトークンであれば、投資家は、企業業績に応じて購入・売却を行うことが考えられるため、株式市場とより近いものになると考えられます。アメリカSECは証券性はICCOトークンを証券としてみなす可能性が高いと思われますが、今後ICCO関連の規制やガイドラインがどう制定されていくのか注目が必要ですね。

 

ただ一方で、市況影響だけで高騰と暴落を繰り返している各種仮想通貨と比べると、ICCOトークンの価値は、企業業績が大きな影響を持つことになるため、ボラティリティは小さくなる可能性が高いなどICCOトークンのメリットも考えられます。

 

現在実施されているICOについて知りたい方は、【2018年仮想通貨ICOおすすめランキング!注目案件を一覧で紹介!】を参考にしてください。

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事