世界有数のデリバティブ取引所、CBOEがビットコインETFを申請!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

世界有数のデリバティブ取引所、CBOEがビットコインETFを申請!

世界有数のデリバティブ取引所であるCBOE(シカゴオプション取引所)が、SEC(米国証券取引委員会)に対して、ビットコインETFの申請を行ったことが明らかになりました。

 

これまで申請されたビットコインETFは、残念なことにSECによって承認されていませんが、これらの非承認は市場が規制されていない結果として起こっていました。

 

CBOE以外にも、VanEck SolidX Bitcoin Trustが最近ビットコインETFの申請をしており、SECは6月26日に申請に関してコメントを求めています。VanEck SolidX Bitcoin Trustは、過去にもビットコインETFの申請をしていますが、「仮想通貨市場が全体として規制されていない」という理由で、2017年3月に拒否されていました。

 

しかし、最近SECは、ビットコインとイーサリアムが証券に該当しないことを明確化したため、これまでETFが申請された状況とは異なると考えることができます。(参考記事:SECがイーサリアム(ETH)を有価証券に分類しないと発表!

 

 

SECがビットコインを規制しないことを決定しているため、未登録証券に関する心配はなくなりました。しかし、規制措置に関して大きな進歩を遂げている他国と比べて、米国は遅れを取っていると言えます。

 

例えば、マルタ共和国は、新たに3つの法律を制定したことを発表し、ヨーロッパ最大のETF業者が仮想通貨市場への参入を計画していることが明らかにされました。詳しくは、【欧州で最大のETFファンド「Flow Traders NV」が仮想通貨市場に参入!】を参考にしてください。

 

 

今回の申請がSECによって承認されるかどうかということは、機関投資家の参入に大きく関わることになりますので、動向には引き続き注視が必要になります。

 

また、なぜ、ビットコインETFの承認可否が重要なのか、またそもそもビットコインETFとは何であるのかについて知りたい方は、【ビットコインETFとは?上場承認はいつになるのかを分かりやすく解説!】を参考にしてください。

 

 

 CBOE Global Markets Files New Bitcoin ETF License Application With SEC
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事