NEM(ネム/XEM)が高騰!韓国大手取引所Bithumb(ビッサム)が成長を牽引!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

仮想通貨NEM(ネム/XEM)が高騰!Bithumb(ビッサム)が成長を牽引か

7月1日よりビットコインを始めとする他の仮想通貨に値動きがない中で、NEM(ネム/XEM)が約6~8%の高騰を見せています。

 

NEMとは、新しい経済圏を創出することを目指して作られた仮想通貨で、コインチェックのハッキング事件で流出したことでも話題になったコインになります。

 

コインマーケットキャップ(coinmakrketcap.com)のデータによると韓国大手取引所のBithumb(ビッサム)の取引高が全体シェアの30%を超えており、2位以降の取引所と比べても10%弱も高い価格で取引されていることから、韓国マーケットでの取引量増加が要因と考えられています。

 

NEM(ネム/XEM)がなぜ高騰したか?

なぜこのような高騰が韓国マーケットで見られたのかは不明ですが、一部では「韓国発信でXEMの情報開示が行われたのでは?」と言われていますが、現時点では確認できておりません。

 

Bithumb(ビッサム)のハッキング事件Coinrailのハッキング事件と韓国取引所2社が続けて仮想通貨のハッキング被害にあったことから、コインチェック事件以降の日本のように、規制強化や仮想通貨投資熱が冷めることが懸念されていましたが、現時点ではそういった兆候は見られないようです。

 

また、Bithumb(ビッサム)はハッキングにあった金額の約半分以上を回収したことを発表しています。こういった報道から韓国の投資家マインドの冷え込みが抑えられている可能性があります。

 

また、今回紹介したNEMを購入できる取引所について知りたい方は、【ネム(NEM/XEM)のおすすめ取引所、買い方、購入方法を徹底解説!】を参考にしてください。

 

 

 

参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事