LINEが仮想通貨取引所BITBOX(ビットボックス)の開設を発表!7月からサービス開始予定!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

LINEが仮想通貨取引所BITBOXの開設を発表!7月から日本と米国以外でサービス開始予定!

LINEは6月28日、同社が一年に一度開催する大規模カンファレンス「LINE CONFERENCE 2018」にて、同社代表取締役社長の出澤剛氏が、グローバルで展開する仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」を7月からサービス提供を開始すると発表しました。

 

しかし、BITBOXは、日本と米国以外の全世界で展開する仮想通貨取引所になる予定で、対応言語は日本語、タイ語を除いた15言語となる予定です。LINEは日本や米国でも仮想通貨取引(仮想通貨交換業)サービスを開始する準備を進めており、日本では金融領域の事業を行う「LINE FINANCIAL(ライン・ファイナンシャル)」という持ち株会社を設立しています。

 

また、日本やアメリカといった非対象エリアのユーザーの利用制限は、IPアドレスや電話番号、KYCを用いて厳正に利用制限を行うとしています。

 

取扱通貨は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)などの主要通貨を含む約30種類の通貨となる予定としています。取扱い通貨は順次拡大していく予定となっています。

 

BITBOX(ビットボックス)の仮想通貨取引は、日本円や米ドルなど法定通貨を利用した取引は不可能で、仮想通貨同士のみの取引が可能となるようです。本記事に関しましては、最新情報が入り次第、アップデートしていきます。

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事