スペインの大手銀行BBVAがリップルのサービスを一部顧客に提供することを予定!

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(伊藤忠商事や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!アプリもシンプルで使いやすく、初心者にはおすすめの販売所です!※ディーカレットは取引所のサービスも開始しました。

スペインの大手銀行BBVAがブロックチェーンに重点を置いた会社を設立

スペインの大手銀行であるBBVA(ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行)は、社内の複数部門を統合して、BBVA Next Technologies社を設立しました。

 

同社の1200人のハイテク労働者は、人口知能やブロックチェーン、クラウドコンピューティングなどの領域に重点を置く予定になっており、同社のCEOであるRicardo Jurado氏は、以下のように述べています。

 

「BBVA Next Technologiesは、新しく登場した既存の価値基準を打ち砕くような技術を専門とする会社です。同社は、時代を先取りすることに努め、未来を見据えて、最高のハイテク人材を募集していくことを目的としています。」

BBVAがリップルのサービスを一部顧客に提供することを予定!

BBVAはビットコインをサポートするソフトウェアをベースとしたクロスボーダー決済を数ヶ月前に実行していましたが、アメリカの銀行員によると、リップルの技術によって構築されたプログラムを使用して、スペインからメキシコにわずか数秒で、ユーロ建ての支払いに関する送金を行ったようです。

 

今回行われたタイプの取引は、通常は4日間かかるため、大幅に時間が短縮できたと言えます。

 

BBVAはクライアントの一部にトライアウトとして、リップルのサービスを提供する計画をしており、法人顧客に対して、海外のサプライヤーへの支払いや他の国際取引を行うための迅速で、安価な方法を提供する予定になっていることが述べられています。

 

また、リップルは、国際送金を行うために数十年間使用されていた銀行のネットワークよりも、平均で81%もコストを削減することができ、企業は支払い状況を追跡することができ、送金を完了するためにはいくら必要なのかを正確に知ることができます。

 

また、リップルの最新情報やその他のニュースについて知りたい方は、【リップル(XRP/Ripple)のニュース、最新情報まとめ】を参考にしていただければと思います。

 

 

 

リップルの関連記事
特徴、仕組みリップル(Ripple/XRP)とは?特徴や仕組み
将来性リップル(XRP)の将来性、今後の価格はいくらまで上がる?
取引所、買い方リップル(XRP)の取引所おすすめランキング!買い方や購入方法
ウォレットリップル(XRP)のおすすめのウォレット!日本語対応や安全性で比較!

 

 

BBVA Merges Two Units And Debuts Selfie Payment System
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。



 



おすすめの記事