TRON

公式LINE@始めました!最近の仮想通貨ニュースやお得情報を配信中!

友だち追加

▼当サイトで人気のビットコイン・仮想通貨取引所おすすめランキングはこちら!

超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!
国内最安単価8円台の仮想通貨IOSTの取り扱いはコインチェックだけ。IOSTは今年に入り既に10倍以上の価格上昇を見せています。

coincheck-side_banner

多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!
取引所方式での取り扱い銘柄数国内No.1!海外に仮想通貨を送る際にはビットバンクで手数料安くリップル(XRP)を買って、安い送金手数料で送る。という方が多くいます。
大手企業IIJグループが大株主。日本の各業界大手企業(JR東日本や電通グループなど)が出資しているなど大きな信頼があり、安心して利用できる販売所!
アプリもシンプルで使いやすく、売買手数料も無料なので初心者にはおすすめの取引所です!

TRON財団が10億枚のTRXをBurnすることを発表!

TRON財団が「6月25日に10億枚のTRXのBurn(焼却)に関すること」を含む、メインネットの移行とブロックプロデューサーの選定に関して、新たな詳細情報を発表しました。

 

このエキサイティングな瞬間を記念して、TRON財団は現在のレートで約5,000万USドルの価値のある10億枚のTRXの焼却を行います。

 

メインネットローンチが開始される際のTRXの量は、990億枚に減らされ、TRON財団の保有する残りの33,251,807,524枚のTRXは、2020年の1月までロックされたままになります。

 

プラットフォームは流通しているコインの量を減らすため、Burn(焼却)を行います。コインの供給が少なくなることは、コインの価値を増加させることを意味するため、サポーターに保有するコインを長期保有してもらうことを奨励することにもなります。

 

また、TRONはメインネットローンチのメカニズムに関する詳細も発表し、以下の4つのフェーズが含まれていることを述べています。

・Preparation
・Guardian Phase
・Genesis Phase
・Constitutional Phase

今回、紹介したTRONの特徴や仕組み、将来性について詳しく知りたい方は、【TRON(トロン/TRX)とは?仕組みや特徴、将来性や今後の価格を徹底解説】を参考にしてください。

 

また、TRONを購入することができる取引所や買い方については、【TRON(トロン/TRX)の買い方や購入方法、おすすめの取引所を徹底解説!】を参考にしてください。

 

 

 

Tron Will Burn 1 Billion Coins to Celebrate Its Independence From Ethereum
参考記事はこちら

LINE@バナー_648_200

 

最初に絶対登録しておきたい!おすすめの仮想通貨取引所

【1位】コインチェック(Coincheck)


超初心者が必ずと言っていいほど初めに登録する仮想通貨取引所!アルトコイン取り扱い数日本一!IOSTやENJなど他の取引所では取り扱いのない通貨も購入できる!

コインチェック

【2位】ビットバンク


多くのアルトコインも板取引で売買できるため、手数料を安く済ませたい!という方は登録しておきたい取引所!

【3位】ディーカレット


大手IT企業IIJグループが大株主の安心感。取引手数料無料!



 



おすすめの記事